So-net無料ブログ作成

新生活 [巷の雑感]

新生活.jpg

一年の区切りは元旦から始まり大晦日で終わるのだが、年度の終わりは今月末。そしてこれを機に、新たな出発をされる方もいるだろう。
冬から春への季節が移り変わるこの時期を、新たな始まりの時期としたことは、実に名案だったと思う。春から夏だと、過酷な暑さに立ち向かうのに身構えてしまいそうだし、夏から秋だと、何だか物悲しいし、秋から冬だと、暮に向かっての慌ただしさに希望が負けそう。厳しい寒さを乗り切って、暖かな春を迎える冬から春へのこの時期は、何だかこの先に夢や希望が持てて、能動的に活動できそうな気分がする。
実は毎年同じようにこの時期を過ごしている大人の我々と違い、学生たちにとっては、卒業・進学・入学という節目を乗り越えることを意味する。過ぎた過去には戻れず、迎える大小の変化に、否応なく対処していかねばならない。それは楽しかった日々や親しかった友や家族との別離を悲しむことになるかもしれないし、変わりゆく未来に向けて夢を羽ばたかせることになるかもしれない。
「門出を祝う」という。門出とは、旅立ちのこと。それは祝うべきこと。出発する者も、見送る者も、祝うべき華々しいことなのだろう。勿論、その先には今まで体験したことのない苦境が待ち構えているかもしれない。旅立ちとは、先の分からぬ処へ向かう勇気を必要とする。尻込みする気持ちが希望を上回ることも、ひょっとすると有るかもしれない。しかし、それでも旅立つこと、旅立てる力を得たこと、それは祝うべきことに違いないのだろう。
デパートやショッピングセンター、ホームセンターやスーパーマーケット、様々な業種で新生活のための、販売促進が行われている。これから訪れる今までとは違った生活に、夢と希望を持って挑めるように、せめてスタート台はきちんと用意してやろう、という親心を当て込んだものかもしれない。親は分かっている。いつまでも一緒に歩けないことを、ここまでしか一緒に来れないことを。だから、「せめて」と思ってしまう。
何も変わらぬことの幸せについて、以前書いた。今年の初めに、変わりゆく世の中で立ち止まることが許されないなら、滔々と流れる川のように、今年は大らかに過ごしたい、と書いた。18年間一緒に過ごした息子が旅立つのなら、せめて私はここに留まり、今までと何ら変わらぬ姿を残しておきたいと思う。旅立つ者が、ふと振り返りたくなった時のために。
 
 
これから、愚息の引っ越しのために東京へ向かいます。ブログへの書き込みは、あまり出来ないかもしれませんが、ご容赦ください。
nice!(3)  コメント(2) 

少年サッカーの撮影 その77 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー77-1.jpg

さて、人工芝グランドに反射する光も難敵だ。下の写真を見てほしい。この2枚の写真は、同じ日に同じグランドで、同じ機材(1D3+EF400mm F2.8 L IS)を使って撮ったものだ。RAWで撮影したが、現像パラメーターは同じにしてある。違うのは、撮影時間(向かって左側が11:11:49、右側が15:22:36)と僅かな撮影ポジションの違い。右の写真の、キラキラ輝いて見える地面が人工芝だ。夏の快晴での試合だったが、差す日の角度・強さによっては、まるで銀盤のように輝くことがあるのが人工芝。この点は十分配慮して撮影しないと、露出がオーバーやアンダーになるピーキーな撮影になったり、フレアーに悩まされたり、AFが意図せぬ所に引っ張られたりして、歩留まりが極端に悪くなることがある。

少年サッカー77-2.jpg

では測光モードを変えてみては、露出補正で対処してみては、と思うのだが、なかなか瞬時の対応が難しい場合もある。下の2枚の写真を見て欲しい。

少年サッカー77-3.jpg

向かって左の画の撮影時間は16:20:18、対して右は16:20:50。僅か30秒ほどしか違わないのだが、その間私は撮影場所を移動していない。要するに、レンズを向ける方向が大きく変わっただけなのだが、それで地面の人工芝の写り方(光り方)が大きく変わるのが分かっていただけると思う。サッカーは広いグランド内で、常に縦横に動き回るスポーツ。しかもプレー自体が途切れないで、順光から逆光には瞬時に代わる。人工芝上での順光セッテイングと逆光セッテイングをカメラに記憶させておいて、状況に応じて瞬時に切り替える、というのが理論的な対処法なのかもしれないが、じゃあ中間状態の場合はどうする(実際、上の2枚の写真の間に7コマ撮っている)、とか考えてみたりして、私自身が未だ実践できていない。ここはやはり、RAWで撮っておくというのが現実的な選択か。
「人工芝グランド」ということで、一括りにできない。常にこんな反射光に悩まされるとは限らない。しかし、こうなる可能性があることは、頭の隅に入れておいても損にはならないと思う。そしてもしそうなったら、そうなるかもしれないと思ったら、私が実践しているのは以下の点だ。

 ・反射光がひどくなる角度や撮影ポジションを確認し、出来るだけそれを避けるようにする。
 ・反射光は時間の経過で変わったり、一瞬薄い雲がかかっただけで無くなってしまうので、
  試合途中での  極端な設定はしない。
 ・フレアーや陽炎の影響が出やすいので、トリミング前提で被写体を小さく撮ると、使えない
  写真が多くなりがち。  選手をなるべく大きく撮るよう心がける。
 ・AF精度の低下が考えられるので、ピント精度に集中する。
 ・できればRAWで撮って、後処理で対処できるマージンを作る。
 ・光り輝く人工芝であろうと、撮るのは選手。人工芝に神経質になり過ぎず、選手の動きに
  集中する。

何とも、決定的なアドバイスができなくて、申し訳ないのだが、こんなところが今の私の対処法だ。
人工芝グランドが増えることは、好ましい事に違いない。しかし撮影に臨んでは、いつもと違う覚悟で、その都度随時適応・工夫していかないといけないと思う。

少年サッカー77-7.jpg

少年サッカー77-4.jpg

少年サッカー77-5.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm 絞り優先AE シャッター速度 1/500 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 400  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.5 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 1000  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 1000  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 130mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F5.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW

nice!(1)  コメント(12) 

卒団記念 [日々の徒然]

もうこの時期、最後の大会を終えて、卒団されたお子さんをお持ちの方も多いと思います。一年間、いやそれよりもずっと前から、写真を撮り続けていた方は、膨大な写真が残されているのではないでしょうか。
愚息1号の時も、チームを離れる度に、それまでの思い出を込めて、写真をちりばめた額を作ってきました。今回愚息2号は、8年間在籍したチーム(愚息1号の時から数えると、14年間お世話になったチーム)を離れることになります。最後に想いをこめて、このような額を作ってみました。
額.jpg

この1年間に撮った、1万数千枚の写真を、もう一度見直して、印象に残る画のみをピックアップ。じっくり見ながら、あの時はこうだったなあ、なんて思い出しながら見ていると、画の抽出だけで一カ月近くかかってしまいました。撮っている身としては、それぞれの子の特徴も把握しているので、「この子はドリブラーだから、走っている姿じゃないと」とか「叫んでいる姿じゃないと、この子らしくない」などと、勝手な思い込みも出てきたりして。
それにしても思ったのは、一年前に比べて、みんなすごく大きくたくましくなったこと。毎日見ていると気付かないかもしれませんが、顔も体も、この時期は凄く成長が早い。なので、こうした額を作るにしても、半年以上前の写真は使えませんね。
さてこれで、いちおう一区切り。愚息2号が次に卒団する時にも、またこうした額が作れればいいな、と思いました。
nice!(2)  コメント(7) 

最後の大会 [巷の雑感]

最後の大会.jpg

最後の大会が終わりました。次男(小学6年生)にとって、既に公式戦は終わっていたので、あるチーム主催の大会だったのですが、昨日が所属チームで出る最後の大会でした。練習や紅白戦などと違って、優勝を目指して他チームと真剣勝負を繰り広げる姿は、もう見れません。長男の後を追って、幼稚園児から入団したこのチーム、9年間お世話になりました。時にチームメイトは一部変わったりしましたが、最後の3年間は不動のメンバーのまま、ジュニア世代の大会を戦い抜きました。戦績は最上のものではなかったかもしれません。しかし、最後の姿を見に来ていた保護者の方々と語らうと、それでも十分満足できる結果だったように思えます。いつもファインダー越しに見ている私ですが、今回はカメラを手にせず、最初から最後まで肉眼で見続けましたが、子供たちが最後に掛ける意気込みは、しっかり感じられました。そしてこの一年間で、多くの大会をこなし、苦楽を共にしたチームは、長足の進歩を得られたことも感じました。もう一年あれば、と思う気持ちは確かにあります。でも既に、ジュニアのユニフォームが似合わなくなっている子もいることを考えれば、もうここで次のステップへ行かせるのが順当なのでしょう。アイコンタクトでパスを廻す息子とチームメイト達、湧きあがる想いは別にして、十分楽しめた二日間でした。

最後の大会が終わりました。この大会は毎年この時期に行っている、卒団記念大会。公式戦が終わって久しい6年生、もうまもなく卒団する6年生のために、最後に戦う場を与えようと、あるチームが県内外の親しいチームを招いて行われる大会で、我がチームも毎年最後の大会として参加していました。しかしそれも、今年が最後になります。この大会は来年は開催されません。なぜなら、我々を招いてくれたチーム自体が、この大会をもって無くなってしまうからです。部外者の私には、詳しい事情は分かりません。けれど会場のあちこちで、それを惜しむ声が上がるほど、とてもフレンドリーなチームでした。会場準備、駐車場整理、参加者の誘導、清掃・後片付けと、朝早くから保護者の方々が懸命に動いている姿を、これまで何度も目にしました。今回も二日間にわたりトン汁を全チームに振舞ってくれたお母さん方は、閉会式のテントの中で皆、涙でした。最後に胴上げされたチーム代表者の目にも。悔しい、悲しい気持ちは当然あったでしょう。でもそれを包み隠して、この最後の大会をやりおえたチーム・保護者・指導者に対して、参加者から最後に万雷の拍手が起こったのは、当然のことでした。

最後の大会が終わりました。私の次男が、この小学生用の狭いゴールに向かって、4号ボールを蹴ることは、もう無いと思います。あんなに大きく見えたボール、今は軽々と蹴ります。あんなに広く見えたグランド、今は軽々と走り回ります。子供の成長していく姿を、こうして真摯に突き付けられると、嬉しくもあり、悲しくもあります。悲しい? ハイ、子供が我が手の中で大きく重くなっていき、飛び出すまでの時間が、確実に狭まっていることを感じさせられるからです。最後の大会を終えた息子は、より広いゴールを目指し、より広いグランドを走り回ります。それはまだまだ発展途上の息子には、小さくない変化かもしれません。しかし、その後の長い人生からみれば、ちっぽけな節目にすぎなかった、と思えるに違いありません。そうして幾つかの節目を乗り越えながら、サッカーが好きな子供から、サッカー選手になっていくのでしょう。最後の大会を終えた息子とそのチームメイト達には、振り返って懐かしむ表情は皆無です。それは当然のこと。目の前に広がっている未来の方が、遥かに広く、素敵に見えるからです。次の節目に突き当たった時、ひょっとすると僅かに振り返るかもしれませんが、今はただ、前を向いて進んで欲しいと思っています。

最後の大会が終わりました。けれど最後が無ければ、やっぱり次は始まらないのです。

nice!(2)  コメント(9) 

卒業2 [日々の徒然]

人工芝の話の途中で申し訳ないのですが、今日は小学校の卒業式でした。

卒業2-1.jpg

昨夜の雨も朝には上がり、快晴。卒業式にはピッタリの爽やかな青空です。会場内では、席から立ったり、移動したりしての撮影は禁止とのことで、家内だけが式に参列しましたが、年のせいか、最近特に涙もろくなった家内は、最初から最後まで、ハンカチを手放せなかったそうです。
思えばこの小学校、長女の入学から次男の卒業までですから、実に14年もお世話になりました。その間、いろんな先生にお世話になり、PTA役員も経験し、良いことも悪いことも、いろいろあった小学校でした。それでも、いざ離れるとなると、何とも言えない気分です(自分が卒業するわけでもないのにね)。
この小学校は、私の母校ではありません。しかし私の頃から今のままの姿でしたから、随分古い設備・建物と言えます。生徒数はあの頃とあまり変わっていませんから、今の基準で言うとマンモス校に入ると思います。古くて狭い設備に多い生徒数、先生方は知恵を絞って、他校に劣らないようにと、工夫・努力されてきたと思います。決して恵まれた環境ではなかったかもしれませんが、それでもウチの子3人を、無事送り出してくれたこの小学校。もう私は来ることも無いかもしれません。
我が街の小学校は、順次リニューアルされるようですから、この小学校もいづれ新しく造り替えられることと思います。先生方が何時も迎えてくれた校門やあの教室、走り回って怒られた廊下が無くなってしまうのは、子供にとっても私たちにとっても、ちょっと残念なことかもしれません。しかし、変わって行く教育現場に応じて、毎年やってくる新入生のために、新しくなっていくことに反対の気持ちはありません。姿かたちが変わろうとも、この小学校の卒業生に変わりはなく、そして思い出は永遠に消えることも変わることも無い、そう思えるからです。
14年の長きにわたり、我が子3人を育んでいただき、ありがとうございました。青空に浮かぶ校舎に向かって、思わずそう心の中で感謝しました。

卒業2-2.jpg

nice!(0)  コメント(4) 

少年サッカーの撮影 その76 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー76-1.jpg

建築素材として身近になって随分経つので、人工芝はご存じの方がほとんどだと思う。この人工芝を使ったサッカー場が、全国各地で増えている。もちろんサッカーは天然の芝の上で行うのが本来だろうし、Jリーグなどトップクラスの試合では天然芝に限定されているし、アマチュアでも大きな大会の決勝などもそうだ。しかし、ユース世代以下の大会や練習場では、近年よく見かけるようになったし、天然芝に比べれば維持管理に費用と時間が節約できる人工芝グランドは、今後日本で更に身近になるっだろう。
昔はスライディングなどすると、摩擦熱で火傷する恐れもあったようだが、現在サッカー場で使われている人工芝は進化していて、そんな心配は無用。同じ人工芝でも住宅用とは違う。そのサッカー用人工芝でも、天然芝に近づけるべく年々改良され、またサッカーの過酷な使用に耐えられるように耐久性を持たせるべく、日々進化しているようで、設置時期や使用目的などで、実はいろんな種類があるようだ。
我々が撮っている身近な少年サッカーでは(特に地方では)、天然芝のグランドなどは、大きな大会の決勝ぐらいでしか使わせてもらえない。通常は学校の運動場や土のグランド。砂埃の舞う、雨天なら泥だらけのグランドで試合が行われる。プレーする選手も、芝の上の綺麗なグランドの方が気合も意欲も違うだろうが、綺麗な緑の上でのプレーとなると(それが人工芝であっても)、撮った画の見栄えが違うので、撮る方も気合も意欲も上がる。気候面や経済面での日本の現状では、人工芝グランドが普及しつつあり、撮影者のそうした希望が一部叶えるようになっている。
だがしかし、人工芝はやっぱり人工物。天然芝とはやっぱり違う。撮るとなると、これがなかなか難敵だったりする場合がある。まず下の写真を見比べて欲しい。

少年サッカー76-2.jpg

この2枚の写真は、まったく同じ人工芝グランドで撮ったものだ。使用機材もどちらも同じ、1D3+EF400mm F2.8 L IS。撮影日時は向かって左側が2009.10.31.15:00:42、右側が2009.11.01.14:50:00。撮影日は一日違いだが、時間はほぼ同じ。RAWで撮って現像したが、パラメーターは同じにしてあり、ホワイトバランスはどちらも「オート」だ。向かって左側の写真は、選手の影が薄いことで分かるように曇り空。対して右側は、背景に傘を差した人が見られるように、小雨が降る状況で、何とも鉛色の冴えない人工芝に見える。天候によって人工芝は、その色合いが随分変わることが分かっていただけると思う。ホワイトバランスを工夫すれば、もっと見栄え良くなると思われるが、人工芝グランドだからといって、綺麗な緑の上でのプレーが撮れる、とは限らない。天候や光線状況、人工芝の種類などによって、見え方・写り方も変わってくるので、天然芝に比べて設定が難しいのが人工芝。ここはRAWで撮って、現像パラメーターで調整したいところだ。

少年サッカー76-3.jpg

夏の人工芝グランドでの撮影は、陽に焼かれる人口芝から立ち上る陽炎が、AFを迷わせたり、画のシャープさを奪ったりする。これは天然芝ではまず無いので、人工芝グランドでの撮影の際には、いつも以上に注意が必要だ。
また、夏の炎天下などでは、照り返しの熱が選手と同様に、傍らで撮影している我々にも襲い掛かってくる。下からムッと湧きあがるような熱にも、体力と集中力を奪われる。この照り返しは、天然芝グランドの比ではない。天上から射る日差しの他に、こうした下からの攻撃もあるのが人工芝グランドなので、撮影者も暑さ対策をしていかないと、体がキツイ。
反射するのは熱ばかりでなく、光もそうだ。

少年サッカー76-4.jpg

少年サッカー76-5.jpg

少年サッカー76-7.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm 絞り優先AE シャッター速度 1/400 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 500  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 800  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 200  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm 絞り優先AE シャッター速度 1/500 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 400  AI SERVO AF  RAW

nice!(2)  コメント(4)