So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その73 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー73-1.jpg

これは今年一番の秀作だ、と思った写真を印画して、しばし&何度も眺めてみる。そうやって見るということは、自然といつも撮っているありふれた写真と比較しながら見ていることになるのだが、暫し感じることが出てくる場合がある。「どうしてもう一瞬だけ早くシャッターを切らなかったのだろう。そうすれば・・・」「被写体の選手をもう少し脇に寄せたほうが良かったかもしれない。そうすれば・・・」「選手の表情は素晴らしいのに、背景が何だか煩雑に思えてきた。撮る角度を工夫すれば、もう少し・・・」。モニターでは簡単に等倍鑑賞できるので、ピントのチャックには大変便利。なので、ボツ写真を見つけることには優れている。でもよい写真、作品になるような写真は、画全体から何か感じられるものがあるように思える。どうも私には、それはモニターで見ているだけでは分かりにくい部分が有るように思えてならない(もちろん、モニターでしっかり感じられる敏腕の方もいると思うのだが)。

少年サッカー73-2.jpg

偉そうなことを言っている私も、なぜそのことに気づいたかというと、フォトコンテストに応募する際にである。多くのコンテストは、データではなくプリントした状態で応募することになっている。その理由は、色の再現性が見る機材によって変わるのを防ぐ、応募する側が意図した色の表現も審査の対象とする、ということが理由だろう。今年撮った膨大な中から応募作品を厳選し、それをプリントする。そこで封筒に入れて送ってしまったら、そんなことは思わなかっただろうが、一晩じっくり見てみると、「やっぱりこれは好きだなあ。たとえ入選しなくても、自分的には満足いくものだ」と思えるものと、「厳選したつもりが、いつも撮っている写真と大して変わらないなあ」と思えるものとに分かれてくる。なぜかというと、紙に印画したことで、鑑賞する体制が変わったからだろう。そうした鑑賞する体制が変わっても、良いと思える写真は、やっぱり自分としては作品だろうし、その違いや区別がまた、撮る際にも有用なスキルの獲得につながると思うからだ。
ただ、ここで私が言いたいのは、プロのカメラマンの撮る、作品のような写真を目指そう、とか、そうでなければ大した写真じゃない、ということでは決してない。我が子や我が子のチームメイトの写真を撮っておられる方々にとっては、決定的なシーンのみ撮れればいい、一試合に数枚の芸術性に優れた写真が撮れればいい、と考えておられる方は少ないと思う。自チーム撮りには、撮った写真の平均点の高さを目指す側面が必ずあると思うからだ。

少年サッカー73-3.jpg

撮った写真をすべて印画することは無理だろうが、モニター鑑賞だけで終わらせることなく、気に入った写真を印画して、ちょっと離れて見てみる、じっくり時間をかけて見てみる、違った気分の時に眺めてみる。そしてそこで、何か違った側面を感じられたら、フィルム時代とは大きく変わった現在の環境、簡単にプリントアウトできる便利さを、十分に享受していると言えないだろうか。

少年サッカー73-4.jpg

少年サッカー73-5.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 300mm 絞り優先AE シャッター速度 1/250 絞り F6.3 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 800  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/160 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 1600  AI SERVO AF  RAW

nice!(1)  コメント(3) 

少年サッカーの撮影 その72 [少年サッカーの撮影]

サッカー72-1.jpg

我が子や我が子のチームメイトの勇姿を撮った写真、皆さんはそうした写真をどうして見ているだろうか。
フィルム写真しかなかった頃は、カメラ店で現像とプリントを依頼し、ちょっと期待しながらの2~3日の時間を必要とし、出来上がりに一喜一憂し、お気に入りの一枚については、大きく引き伸ばしたりした、そんな方が多かったのではないだろうか。デジタル全盛の今では、撮ったその日にパソコンにデータを移せば、モニターで即座に撮影結果を見られるし、簡単に拡大縮小・等倍鑑賞ができ、トリミングやレタッチも瞬時にでき、カメラ店のプリントに負けない品質で自宅プリントができる。時代とともに、カメラを取り巻く環境は大きく変わったものだ。

少年サッカー72-1.jpg

ところでサッカー撮影では、一日の撮影枚数が数十枚、ということはめったに無い。その何倍~何十倍もの枚数を一日に撮ると思うし、そうでなければ撮れない一枚もある、ということは以前にも書いた。膨大な撮影枚数のなかから、取捨選択するのは楽しみでもあり苦しみでもあるのだが、その中から自画自賛の一枚を発見したら、カメラ店のプリントでもよし、自宅のプリンターでの印刷でもよいから、一度紙にしてみることをお勧めしたい。そして、最初はちょっと気恥ずかしいかもしれないが、できれば額などに入れて、数日でも自宅に飾ってみることをお勧めしたい。現在の液晶モニターは、高性能・大画面化していて、確認作業には何ら不便はないのだが、鑑賞という意味は、また違った側面を持つと思うからだ。

少年サッカー72-2.jpg

少年サッカー72-7.jpg

今日撮ってきた画像データを自宅のPCに移す。それらを順番に見ていきながら、失敗カットや不要な画を削除していく。そうした作業の中で、オオっと思える一枚を見つけたりする。思わず口元が緩む瞬間なのだが、さて貴方がGOODと感じたその写真は、貴方がモニターで鑑賞しての評価だ。PCのモニターでは通常、大変近い距離で写真を見ているといえる。これをプリントアウトして(できるだけ大きく)、少し離れた距離から眺めてみると、また違った面が見えてくることがある。額などに入れなくても、できればちょっと自室の壁などに数日貼っておいて、ちょっと見たり、じっくり見たりしてみると、また違った面が見えてくることがある。

少年サッカー72-3.jpg

少年サッカー72-4.jpg

少年サッカー72-5.jpg


2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F5.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm 絞り優先AE シャッター速度 1/640 絞り F5.6 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
7枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW

nice!(0)  コメント(7) 

老人だからなあ [巷の雑感]

老人だからなあ.jpg

先日、近所のスーパーへ買い物に行った。たくさん買い込むのでなければ、こうした用途には自転車で行くのが一番。雨さえ降っていなければ、手軽に行けて、健康にも良いし、何といってもエコ。そう考えるい人が多いのか、最近の大型店はどこも、自転車を置く駐輪スペースを広く設けてある。
買い物が終わって店を出て、その駐輪スペースに向かって歩いていると、80歳近いと思われる男性が、自転車に乗ってやってきた。そして、その自分の乗ってきた自転車を停めようとするのだが、すでに結構な数の自転車が並んでいる。その列に無造作に、いや無理やりに、自分の自転車を突っ込んだものだから、当然並んで停めてあった自転車十数台が大きな音とともに倒れた。間違ったり、上手くできなかった、という過失ではなく、自分の自転車が一番良いところに停めれれば、他の自転車はどうでもよい、という確信犯に似た意思がその行動から感じられる、明らかに作為的な行為だった。その倒れた自転車の中に私のものも含まれていたので、一瞬ムッとしたが、「老人だからなあ」という気持ちが湧き起こり、何も言わず黙って自分の自転車を引き起こした。その80歳近いと思われる男性は、私の姿を見て気まずく思ったのか、いきなり鼻歌を歌いだし、自分は何も関係ないよ、とでも言いたげな表情で、ひょうひょうと店に入って行った。
さて、自転車に乗っての帰り道。交差点で信号が変わるのを待っていると、向こうからスクーターに乗った、これも80歳近いと思われる男性が走ってくる。しかし、その道は一方通行。スクーターといえども車両だから、やっぱりマズイんじゃないかなあ、と思って見ていると、私の目の前で堂々と信号無視。そして何と、歩道に入って走り続ける。ちょうどその歩道に小学生の一団が前方に歩いていたものだから、スムーズに走れないと見るや、今度は車道に出て走り続ける。オイオイ、それじゃあ逆走じゃないか。要するに、自転車に乗っている感覚なのだ。特にスピードを出しているわけではないのだが、やっぱり交通法規は守らないと、と思ったのだが、背筋をピンと立てて颯爽と走り去る後ろ姿をみて、「老人だからなあ」という気持ちが湧き起こり、何も言えない私がいた。
老齢者の多くが、こういった行為をする、とは思わないし、実際そうではないと思う。ごくごく一部の稀な例なのだろうが、この私の心の中に湧き起こった「老人だからなあ」という気持ちは、はて正しいのだろうか。犯罪の低年齢化とともに、少年法が改正され、重大事件には大人と同じような扱いを受けるという。「子供だから許してあげて」という言い訳は、利かなくなってきている。反して、老齢者はどうだろう。「老人だからしかたない」という気持ちを持つこと、間違ったことをしても見過ごすことは、さてどうだろう。
子供には、しつけや教育という名の育て方が、親や社会に義務とされている。法を守ること、社会の一員としてのモラルを守ること、だ。しかし、その法を決めたり改正したり、社会を形作る政治に対する参政権は、子供には与えられていない。対して、老齢者は大人だ。そういった法やモラルは当然心得ているものとして見られるし、見なくてはいけない。何より、その守らなければいけないものに対して意見を言える参政権が、子供にはなくても老齢者にはある。「子供だから」と「老人だから」は同じではない。
社会的弱者という意味では、子供と老齢者は共通する部分を持っているかもしれない。しかし、やっぱり老齢者は大人なのである。
nice!(0)  コメント(2) 

600倍速 [カメラ]

PCのメモリーがドンドン安くなっているのは知っていましたが、デジカメ用のメモリーはどうかな、と思って、近所のキタムラに行ってきました。サンディスクのSDカード、Extreme Ⅲ8GBがお目当てだったのですが、やっぱり少し安くなっていました。でもやっぱり、通販と地方の店売りでは価格差があるなあ、と思って買わずに帰ってきました。
家に帰ってPCで調べてみると、このExtreme Ⅲ8GBも現在はパッケージデザインが変わっているのですね。製品自体の中身は変更があるのかどうか分かりませんが、さっき店で見たのは旧デザインだったので、やっぱり買うなら新しい方がいいかな(通販の方が安いし)、と考えながらいろいろ見ていると・・・
600倍速.jpg

http://www.transcend.jp/products/ModDetail.asp?ModNo=252&LangNo=17&Func1No=&Func2No=
600倍速のCF!?
トランセンドから今度発売されるそうですね。まだ予約受付中みたいですが(e-TRENDのHPでは)、読出し92MB/秒(最大)、書込み87MB/秒(最大)とのこと。いや~、ここまできましたか。トランセンドなら価格もリーズナブルなものになりそうだし、ちょっと楽しみですね。特に私のように、連写を多用するスポーツ系撮影の場合は。もっとも、1D3はUDMAに対応していないので、あまり差が無いのかもしれませんが。
nice!(1)  コメント(6) 

ハーフタイム [巷の雑感]

ハーフタイム.jpg

アマチュアサッカーにはシーズンオフなどあまり見られず、年中どこかでサッカーの大会は開かれている、と以前書いた。特に学生が夏休みのこの時期は、曜日を問わず開催・参加できるので、いろんなところで、いろんな試合が催されている。
しかし、参加しやすいとはいえ、この酷暑の時期にサッカーをやるのは、なかなか大変だ。小学生では15分か20分でハーフタイムになり、一度ベンチに戻る。戻ってきた子供たちは汗みどろ。それはそうだ、炎天下の中、全力で走り回ってきたのだから。ただ走るのではない。相手選手と体をぶつけ合いながらボールを奪い合い、自分に課せられた役目を考えながら走り、どうすればチームが勝利できるか考えながら走り、ストップアンドゴー、急反転を繰り返しながら、全力でボールを蹴ってきた結果の汗みどろだ。
僅かな時間のハーフタイム。ベンチに戻ってきた選手たちは水分補給を取りながら、したたり落ちる汗を拭きながら、監督・コーチからの指示を聞く。上の写真を見てほしい。左側のチームの監督は、まるで重役席に座ったように深々と椅子に腰をおろして動かない。試合中もハーフタイムも、足を組んだまま、のけぞるように座って選手に指示を出す。汗みどろの選手たちは、タオルで流れる汗を拭きながら、立ったまま指示を聞き、そしてまたグランドに戻っていく。右側のチームの監督は、試合中はベンチに座っていた控え選手を立たせ、戻ってきた選手をその椅子に座らせ、自分はその選手たちの向かい側に回って指示を出している。小学生に限らず、これまでいろんな少年サッカーの試合を見てきたが、ハーフタイムの光景は、このように大きく二つに分かれるように思える。
さて、どちらが正しく、どちらが間違っているか、などと論じるのは難しいだろうし、ここで偉そうに述べる資格も、私は持ち合わせてはいない。チーム事情によっても違うだろうし、指導者の指導方針によっても違うだろう、年代によっても違うかもしれないし、ひょっとして季節や地域、大会によっても違うのかもしれない。選手個人個人がさまざまであるように、指導者やチームもさまざまである、ということが、むしろ自然なことなのかもしれない。
ただ、どのチームも、どの監督も、目的は同じはず。選手やチーム全体の技術を高め、強くすること。チームを勝利へ導くこと。サッカーを通じて人間的に育てること、だ。そう考えるならば、主役は選手でなければならない。なぜなら、その目的を達成できるのは、監督やコーチではなく、選手自身だと思うからだ。
方法はさまざまでも、選手が主役のチームが、私は好きだ。
nice!(1)  コメント(8) 

東京みやげ [日々の徒然]

ウチの愚息1号君は高校3年生で、いちおう受験生。本人は結構あせっているみたいですが、私の大学受験時代とは違って悲壮感がないところが、今風でしょうか。その息子が先週、東京へ行ってきました。
夏休みにはオープンキャンパスという、大学を自由に出入りできて施設などを見学できる、入学促進のイベントが各大学で催されています。私の頃にはもちろん無かったですが、やっぱり少子化の影響でしょうかね。東京志向の強い愚息1号君は、夏休み前に迷わず「東京に見に行く!」と言い出しましたが、「東京へ遊びに行く!」というのと半分以上同義であることは、家族全員の認識。まあ、既に娘が東京住いだし、そこに泊れば宿泊費もいらないし、男友達と二人で行くというし、そういうことも経験せねばならない年頃だし。そういえば私も、高校時代の夏休みに友達二人で旅行に行ったなあ~、などと思いだしたりして。
交通手段は、費用節約のために夜行バス。調べてみると結構いろんな会社が、時間も行き先も停車場所もバスの座席の種類も、様々な便を運行しているのですね。行きはとにかく価格重視で、東京駅朝6時着一人3000円。帰りはその後の日程を考え、ちょっぴりリッチな3700円。ネットで予約してコンビニで支払って準備万端。そんな強行日程で、体力的に大丈夫か~、という親心は全く無視して、ネットでいろんな情報を集めては、嬉々として地図を見て予定を立てる。やっぱりインターネットの有無は大きいですね。「お土産は買ってこなくていいから、写真を一杯撮ってきて。お台場に行ったら、ガンダムの写真を必ずな」とコンデジを持たせて夜9時に送り出しました。
さて、3泊4日の日程で朝8時に帰宅した愚息1号君、開口一番「疲れた~」。バスの中で寝るのは遠征で慣れているけど、途中の停留所で何度も起きるので熟睡は無理(当り前だ~)、朝6時に着いても何も店は開いてないので、公園のベンチで仮眠(大丈夫か~)、東京はやっぱり何処へ行っても人が多い(当然だろー)、電車などの乗り換えは迷わなかったけど、とにかくよく歩いた(東京人は足が丈夫なんだ!)、あまり安い店が見つからなかった(情報収集不足と物価の違いか?)、帰りのバスの乗り場を間違えて、危うく乗り遅れるところだった(よく帰ってこれたなあー)、etc
ところで、隠れガンダムファン(別に隠れてはいませんが)の私としては、お台場の実物大ガンダムが気になるところ。「アレは朝早くから凄い人だかりだった」らしいですが、ちゃんと約束通りに写真を撮ってきてくれました。それがコレ。
東京みやげ1-1.jpg

まあ、普通の写真ですね、コンデジでは仕方ないところもありますが。いろんな方がブログなどでこのガンダムの写真をアップしておられますが、細部まで詳細に作りこんでいて、単なるプラモデルの拡大版とは確実に一線を画す造り具合。これはマニアにはたまりませんね(お金もかかっているだろうな~)。ところで、撮ってきたコンデジの写真を見ていると、大学の写真が一枚もありません。「おまえ、本当に行ったんだろうなー」という言葉がつい口を出てしまいましたが、まあこれが今回の東京行きの意味を如実に表しているということでしょう。でもまあ、愚息2号にお土産として、スパイクを買ってきた兄心に免じて、ヨシとしましょう。
お土産といえば、「東京バナナ」も買ってきました。私の頃は、東京土産といえば「浅草雷おこし」か「草加せんべい」だったのですが、今はコレが最もポピュラーらしいですね。この東京バナナもいろんな種類があって、娘が東京住いになって初めて帰郷した時には、バームクーヘンタイプのものを買ってきましたが、今回はゴーフレットタイプ。シャリっとした外生地の中に、プレーン味とチョコレート味のクリームがサンドされていて、食べると甘さと共に、バナナのほのかな香りがします。
東京みやげ1-2.jpg

さて、朝8時に東京から家に戻った愚息1号君、さっさと支度を始めて、その1時間後にはサッカー部の滋賀遠征合宿(3泊4日)に行ってしまいました。あまり寝てないし、疲れているはずなのに大丈夫かな、という母親の心配をよそに、自称パワフルな高校生は、それでも夏休みを謳歌しているようでした(さすがに合宿から帰ってきたら、一日中寝てましたが)。
私の大学受験時代とは違って悲壮感がないところが、今風ですね(これでホントに大学生になれるんだろうか???)。
nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。