So-net無料ブログ作成

趣味への投資 [巷の雑感]

何でもやってみないことには分らないことがある。経験して初めて身に付く知識もある。それなら、あらゆることに手を出して、経験してみれば、博識になって、その後の人生が有利に、そして有益になるのではないか、という結論に達するが、そうでもない。まず時間的な制約は誰にでもあるということ。必然的な日常生活をしながら、それ以外の時間を費やして、多くのことを経験するには、人生は短い。経験することで、精神的・経済的なダメージを被ることがあること。得られる知識や経験より、ダメージの方が大きければ、無駄が多ければ、やらなければよかった、という結論に達する。自分は良くても周りに与える影響も考慮しないといけないかもしれない。人間は一人で生きているのではない。ましてや、生活を共にし、陰日向無く自分を支え、自分が支えている家族のことは、考慮すべきであろう。しかし、そんなことを考えて、立ち止まっていては、何も経験することができず、何も得ることはできない。人生とはそんな取捨選択の連続なのだと思う(偉そうな言い方だが)。
さて、趣味という分野に限って見てみると、本人以外は無駄な事と思われることが多い。それで利益を得て、生活の糧を得ているのではないのだから、それは仕方ことなのかもしれない。やらなければならないことだとは、周りは思ってくれないし、事実そうだろう。趣味とは、やらなければならないことをやった他の時間に、自分の楽しみのために行うべきもの。そんな趣味の世界に、損得勘定を持ち込むのは無粋というものだが、貧乏性の私などは、どうしても考えてしまう。時間的にも経済的にも、普段の生活を圧迫するような趣味は間違っている、と誰しも思うし、私もそう思うが、その範囲内で楽しむ趣味は人生を彩ってくれる、というのは、言い訳に聞こえるだろうか。
趣味を楽しむということに、冷たい眼を向ける人は、その趣味で得られるものが理解できないからだ。だから無駄に思える。そんな無駄をすることが贅沢に思える。残念なことに、趣味で得られるものが、当人にしかやってこない、同じ趣味の人でしか理解できないところが、不評を買う原因なのだが、その当人にとっては、他では得らない喜びや楽しみが得られ、明日への精神的な糧となり、疲労回復や意欲増進になるかもしれない。実際、そうなっている人も多く見かけるし、このブログの最初の記事で紹介した、私の父のような「仕事が趣味」の人の悲喜を考えると、この高齢化社会では、もう万民が趣味を持つべきだとも思う。ただ、日本の高度成長期の名残か、趣味を持つことは日常生活に苦労がないことの証、つまりは「趣味は贅沢」という見方が未だに残っていて、趣味を楽しむには、そんな視線を跳ね返すだけの精神的な強さか、多くの同趣味の人たちとの集まりで補うのが、まだ必要な時がある。しかし、それとて今後は、定年後に趣味を謳歌する人が多くなると、どう変わっていくか分らない。
旅行が好きな人は多いと思う。日常生活からしばし離れて、しがらみの無い違う環境にひと時でも自らを置くことで、新たな発見をしたり、知識や見識を得たり、疲れを癒したり、明日への英気を養ったり、と、その効能は人それぞれ、その時々で違うが、それでも概ね精神的・肉体的なプラス要素をもたらしてくれ、そこに価値を見出すので、今も昔も、旅や旅行に行く人は絶えない。費用を投じて旅行に行っても、物質的には何も得られないのに。
趣味も同様。日々の糧には直接つながらないかもしれないが、その人にプラスになれば、それは価値あることだと言えないだろうか。どんなに安価で、手軽で、他人に評判が良くても、本人に合わなければ、得られる経験や喜びは少ないし、続けることもできないだろう。逆に、多額の投資が必要でも、それ以上ものが得られると思えば、やる価値は大きい。先に例に出した旅行と同じく趣味は、失うものは有形の貨幣であり、得られるものは無形の価値で、その大きさは当人にしか分からない。有形の貨幣価値という一つの尺度だけで語るには無理がある。なので、先にも言ったように、損得勘定で趣味を語るべきではないのだろう、と思う。
やってみないと分からないのは趣味も同じ。何も強制されることはないし、そうされるべきものでもないのだが、生きるために必要なことだけしかしない、できないのは、ちょっと寂しいような気がする。やってみる価値が少しでも思い浮かんでいただけたなら、趣味への投資がちょっとだけ分かっていただけたなら、一歩を踏み出してみるのも良いかもしれない。
何でもやってみないことには分らないこともある。
 
 
このブログの2年目の最初の記事として、ちょっと真面目に考えてみました。長文失礼しました。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一周年 [日々の徒然]


2007年1月25日にこのブログを立ち上げて、最初の記事を書いてから、丸1年が経過しました。その間、208の記事を書き、15万回以上のアクセスをしていただき、多くの方々からコメントをいただきました。正直言って、ここまでになるとは思ってもいませんでした。ご覧になっていただいた皆様、本当にありがとうございます。
高校生の娘を、見よう見まねで始めたブログ。誰も見てくれなくても、自分の日記として時々の思いや考えを書き続けていけば、振り返ってみれば自らの記録となるだろう、そんな程度に書き始めたのですが、沢山の方々から情報や励ましの書き込みを頂き、また自身もその方々のブログに出入りするようにもなり、僅かな活字での交流ですが、最近はこれを通じて人の輪を感じられるようになったのも事実です。
昔、文章を書いてお金を頂いていたこともあったので、書くことには苦痛は無いだろうと高をくくっていたのですが、毎日更新を目指して初めて見ると、書くことが思いつかなかったり、思いが上手く活字で表現できなかったりで、2日に1回の更新ペースに落ちてしまったことは、反省材料の一つです。ただ、長く続けることが、自分にとっても、この拙いブログを見に来てくれる方々にも、良いことだと思い、これからも無理せず、マイペースで続けていきたいと、一周年の今、思っています。
振り返ってみれば、この一年間は、自分の生活環境が大きく変わった、本当に激動の一年でした。普段の生活自体が大変なのに、こんなことに精を出していて良いのだろうか、とも考えたこともありました。PCの前に座っている時間が、以前とは比べ物にならないくらい長くなってしまったのですから、当然かもしれません。ただ、仕事のために仕事をする、そんな人間にはなりたくなかった。だから、趣味という、非生産的かもしれないけど、普段の生活や、大きく見れば人生そのものに、潤いや豊かさや喜びをもたらすものを、肯定的に伝えたかった。いや、そんな大それたことを意識して、日々書いているわけではないですが、このブログのタイトルを「マイ 趣味ライフ」にしたのは、そんな考えからです。
さて、一年続けてきたこのブログ。地に足を付け、根を張っているわけでもないし、元来の優柔不断の性格にもよって、今後もまた紆余曲折はあるかもしれませんが、それでも、その時の思い考えを活字に残すことと、生活の糧ではなくて、活になる趣味のことを二本柱にして、これからも暫く書き続けていこうかなと思っています。そんな私にお付き合いいただければ、幸いです。
どうか、今後ともよろしくお願いします。


nice!(1)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

永平寺 その2 [日々の徒然]


永平寺は今から約760年前に道元禅師によって開かれた、曹洞宗の大本山で、僧侶の修行の道場であることは、今も昔も変りない。今なお多くの門徒の方々が、毎日の厳しい修練をされていることで有名だ。この時期、雪で埋まった寺院のなかで、キリキリした寒気の中、修行に臨む若い僧侶の姿が見られるはずだが、やはり雪は少なかった。拝観料を支払って、まず最初の建物である、鉄筋コンクリート造りの吉祥閣で、案内係の若い僧侶から参拝の説明と注意事項を受ける。その後は参拝経路を各自歩いて見学するわけだが、その間に多くの修行僧を見たりすれ違ったりする。まさに生きている修行寺だということを目の当たりにできる。ただ、前回も来たことのある私は、何かしら観光地化が進んでいるような印象を持ってしまって、「おごそか(厳か)」「厳しさ」という雰囲気が気薄になったような気がした。

しかし、山門や法堂をはじめとする建物は、さすがに見るからに威厳があって、歴史に打ちのめされた風格を感じさせる。こういった被写体には無為頓着な私も、ついカメラを向けてみたくなる。修行僧の撮影は厳禁だが、建物の撮影はOKだ。これで雪がもっと深ければ、絵葉書のような写真が撮れたかもしれない、と無い物ねだりの気持ちも湧いてきてしまった。
一緒に来ていたウチの子供たちが、無言のまま、寺院内を見学していたところを見ると、この永平寺に来た甲斐があったかな、と思った。子供たちが、何を見て、どう思い、どう感じたか、それは分からないが、普段なかなか見ることができない処へ来て、普段では思いも知らない気持ちや考えを抱いてくれれば、それでよかったのだと思う。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

永平寺 その1 [日々の徒然]


雪国の人が聞くと、眉をひそめるかもしれないが、雪を見ると子供たちは喜ぶ。真っ白な絨毯を敷き詰めた街並みは、綺麗なものもそうでないものも、白く覆い隠して、いつもの風景を一変してくれる新鮮さがある。
南国のように雪の降ることが全くない訳でもなく、北国のように当たり前のように雪が降る訳でもない、一年に一度あるかないか、という中途半端な地方に住んでいる我が子は、「雪が降らないかなあ」などと期待を込めて言うことがある。降らないんだったら、降っている所に行ってみよう、というわけで(まったく暇な家族だ)、珍しく全員が揃った休日に、北へ車で走り出した。
ところが思ったより雪が見られない。日本海側に出ればあるだろう、と思ったのは誤算。空は快晴だし、こりゃあ無理だ、という結論で、断念。さてどうするか、とナビで探しているうちに、近くに永平寺があることを発見して、そこに行くことに予定変更。
永平寺は私は2度目だ。前回は高校生の時だったから、もう30年近く前のこと。当時、夏休みを利用して、友人と二人で夜行列車を乗り継いで行った記憶がある。今回は自家用車で行ったのだが、山深い森の中をかき分けて、人里離れた山奥に建つひっそりとした寺、という印象は随分少なくなったと思った。私の記憶から比べれば、道路も随分整備されて、土産物屋が周りに立ち並ぶ通りを上っていくと、自動精算機の完備された、町営の駐車場に着いた。ここも、この30年の間に、ずいぶんと観光地化が進んでいるのかもしれない。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

駐車場 [巷の雑感]


全国大会へ繋がる、10歳以下の少年サッカー大会「チビリンピック東海大会」が、先週末に当地方で行われた。ウチのチームも出場するとのことで、カメラを担いで見に行ってきた。
東海4県の予選を勝ち抜いた16チームが集まり、ゴールデンウィークに日産スタジアムで行われる全国大会出場チームを決める大会。寒い2日間だったが、なかなか盛況な大会だった。10歳(小学4年生)以下ということで、父兄の同伴、というか応援も多く、真摯にボールを追う選手たちに、熱い声援を送っていた。
県内外から16チームが集まるということで、朝早くから車で来場する人が多かった。自家用車で来る人も、チーム貸し切りのバスで来る人も。当然駐車場は混雑する。駐車スペースは主催者の配慮で充分用意されていたのだが、会場に近い所から埋まっていくのは当然。その近い駐車場で、上の写真のように停めてある大型バスがあった。中央の赤いバスだ。よく見ると、白線に示された駐車スペースに、故意に斜めに停められているのが、分かっていただけるだろうか。
自家用車を何台も連ねて来るよりは、大型バスで乗り合わせてくる方が効率が良い。そして、大型バスは自家用車に比べて広い駐車スペースを必要とすることも分かる。なのに、なぜこうして斜めに停める必要があるのだろうか。他にも大型バスで来ているチームもあったが、白線内に停めても、普通の自家用車4~6台分以下のスペースを使うだけだった。しかし、このバスは斜めに停めたがために、12台分の駐車スペースを占拠することになっている。会場に一番近いこの駐車場は、すぐに一杯になってしまい、停められない車は、更に遠くの駐車場へ廻らなければならなかった。このバスがきちんと停めてくれれば、少なくとももう6台は停めれたのに、と私は思ってしまった。
参加するチームはみな平等。早く来たからといって、不要にスペースを占拠するのはどうか、と思った。そのチームには、そのバスには、何らかの事情があったのかもしれないが(たぶん、周りに他の車を止めさせないで、荷物の出し入れを楽にする)、多くの人が集まるところでは、ゆずりあいの気持も大切なのではないだろうか。
何もそんな細かなこと、小さいことに注視しなくても、と思われる方も多いだろう。確かにそうかもしれない。けど、参加する者に均一なルールの下に行われるのがスポーツ。ましてや、サッカーは団体競技でチームスポーツ。身勝手な行動が許されるはずもない。そんなスポーツに、10歳以下の子供たちが純粋にボールと向き合う大会で、ちょっと姑息な大人の知恵が見えたことが、少し残念な感じがした。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

400mm その5 [カメラ]


さて、400mmについていろいろ書いてきたが、今回が最終回にしようと思う。
EF70-300mm F4-5.6 IS とEF100-400 F4.5-5.6 L IS を見比べてみたことがあるだろうか。あいにく前者のレンズは持っていないので、写真でお見せできないのだが、F値はどちらもほぼ同じだが、100mmの違いでその大きさ・重さははかなり違う。Lレンズだから、ということもあるかもしれないが、F値を確保しながら、焦点距離を伸ばすのは、それだけ大柄な外殻が必要だということだろう。同じLレンズ同士で見てみると、EF300mm F2.8 L ISとEF400mm F2.8 Lの比較は、前回の写真のとおりだ。F値を同じにして、焦点距離を100mm伸ばすには、全長で約1.4倍、重量で約2倍の外殻が必要なのだ。300mmまでは手が出せても、100mm伸ばすのには、ちょっと敷居が高いと思われるのも、うなづける。現実的な選択肢の関係で、300mmを境に大きな塀があるのもまた、事実なのだろう。
それでも、これを超えてしまうと、更に選択肢が少なくなることを考えれば、400mmはまだズームと単焦点を選ぶことができるし、併用することも可能だ。私も、どちらも持ち出すことが多い。鳥など圧倒的に小さい被写体の場合は、100mmや200mmなどの短い焦点距離は無くても構わないかもしれないので、ズームレンズのメリットは生かせないかもしれないが、前後左右に動き回るサッカーなどスポーツ撮影では、ズームの利便性が優先される場合もある。一般アマチュアが、このような被写体を撮るには、この焦点域が現実的なリミットなのかもしれないし、だからこそ、300mmの壁を越えて、400mmの世界を覗いてみて欲しいと思う。
ところで、400mmを撮れるレンズを現在、4種類も持っている私は、本当にこの焦点距離が好きなんだな、と思うと同時に、私はこの400mmの焦点距離で撮ることが、本当に多いのだなあ、と思う。


nice!(1)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー