So-net無料ブログ作成
検索選択

引越 その2 [日々の徒然]

引越しが終わり、いよいよその場を離れる日が来た。
16年間、毎日のように通い続けたその職場から、離れる日が来た。その日までは、引越しの煩雑さに紛れて、感傷などまったく湧きあがらないな~、と思っていた私だが、引越しが済み、部屋が空っぽになってしまうと、もう自分のいる場所が無くなってしまったことを実感させられ、グッとくるものがあった。
引っ越しを経験したことのある方なら分かると思うが、荷物を全て運び出してしまい、そこに最初にやって来た当時の状態に戻すと、こんな広い部屋だったんだ、などと再確認する。昔の歌謡曲の歌詞ではないが、机や本棚を退けると、その場所だけじゅうたんや壁紙が色が違うことに気付く。色が変わっているのではなく、色が変わらないでいたために、その部分だけが時間の経過を伴わない、昔のままの匂いを残しているのだ。そんな色の変化と押し付けられて着いた家具の足跡が、時の流れを表しているのだろう。
一度も引っ越しなど経験しない人も、転勤族と言われ、何度も経験させられる人もいるだろうが、私はこれで4度目。その度に、慌ただしさと新生活に向けた期待とで、過去を振り返る感傷は押し流されていたのだが、何だか未来の期待より、そこでの懐古の方が大きくなっていることに、今回初めて気付いた。もう私も若くはないということだろう。
さまざまな思い出と、出会ってきた人、別れてきた人たちとの思い出と、そしてこの部屋から去っていく感慨は、今は忙しさに流されてはいるけれども、いつかひょこっと出てくるような気がする。それはそれで、自然なことなのだろうし、長い人生、ちょっと立ち止まり、振り返り、懐かしむことは、決して悪いことではないだろうと思う。ずっとそうしてはいられないことは、分っているのだから。
運動不足の体での荷物運びは、少々の筋肉痛を手足に残してくれたが、そんなことではなく、これが一段落したら、少しだけ休みを取ろうと思っている。これから先の人生のために。


nice!(1)  コメント(7) 

アクセスありがとう [その他]


今年1月25日にこのブログを始めて271日(記事数161)。本日アクセスカウンターが10万回を超えました。
娘の影響から始めたブログですが、手探りで続けるうちに、多くの方々に見ていただけるようになって、本日に至りました。本当にありがとうございます。
今後も、今まで同様、好きなことを書いていこうと思いますが、長~い眼で、そして暖か~い眼で、みてやってください。
 
(これを機に、ちょっとスキンを変えてみました。見易くなったでしょうか)


nice!(2)  コメント(9) 

他界 [日々の徒然]

ウチのアジアアロワナ(血紅龍)が他界した。
昨日、夜10時過ぎまでは、まったくいつも通りに泳いでいた。なのに今朝午前9時には、逆さまになって虫の息。夕刻には呼吸を止めた。引っ越し後3日目だった。
水温も水質もまったく異状なし。確かに引っ越しでストレスはあったと思う。けどそれで死ぬほど弱い魚ではないと思う。現に、他の魚たちは元気いっぱい、何の異常も見られない。私にはちょっと理由が判断できない。ダトニオの急死は聞いたことがあるし、体験もした。けど、アジアアロワナはちょっと・・・
こんなに慎重に、懸命に引っ越し作業したのは、多くはこのアジアアロワナのためでもあったのに。ちょっとショックで、今回は写真も撮れなかった。今はいつも通り悠然と、あの世で泳いでいることを切に願うのみ。


nice!(0)  コメント(0) 

水槽の引っ越し [熱帯魚]

本日、引越し日でした。めちゃくちゃ疲れました。
私の場合、事務所の引っ越しなのだが、私の水槽の多くが、その事務所にあるので、水槽の引っ越しが一番の頭痛のタネだった。全てガラス製で、最大の水槽は1800×600×600。その他にも、1200×600×600とか、1500×450×450など、全部で10本ほどある。アクリル製ならまだマシかもしれないが、ガラス水槽となると、水槽単体でもその重さはかなりのもので、もちろん一人や二人では運べない。それで引越し屋さんに頼むことにしたのだが、ガラス水槽、しかも大型水槽もあるとなると断られることが多い。電話帳片手に、10個所ほど電話して聞いてみたが、OKの返事をもらったのは2件だけだった。引越し料金も、ホントに様々で、見積もりを取ることをぜひお勧めする。私の場合も、この2件の見積額は倍ほど違っていた。同じ作業をしてもらうなら、安い方が良いのは当たり前。
さて、当日の朝は早起きして、まずは魚を移動。この時重宝したのが衣装ケース。飼育水を半分ぐらい入れても大丈夫だし、二人で持てる。そして、水槽内を空にして、ヒーター・サーモやろ過機を外したりしていると、引越し屋さんが約束の午前9時に到着。まずその若さにビックリ。4人の男性だったが、全員20歳前後。そして礼儀正しい挨拶から始まり、自己紹介もきちんとして、作業もテキパキと気分よく進む。中年の私がとても持てないような金庫も、何と一人で担いでしまった。若いってスバラシイ。
それでも、1800×600×600のガラス水槽はキツかったようだ。鉄骨の水槽台から下すのも上げるのも。しかし、それさえこなせば、後はスピーディに終わってしまった。半日で終了。またキチンとしたあいさつで、清々しくその引越し屋さんたちは去って行った。
ここからが私の仕事。まず魚をすぐに戻さないといけないので、水槽に水を入れながら、ろ過機のセットを行う。今の季節では、水道水の温度は22度ほど。ヒーターの必要が無いのは有難い。セットできしだい、順次魚を戻していく。同じ水槽なのだが、飼育水が違うので、魚は怯えてしまうし、エラ呼吸も早いが、それは時間の問題だろう。
こうして比較的スムーズに引っ越しはできたのだが、振り返ってみると、その原因はやはり、引越し日までの準備による。給排水を考慮して水槽の配置をしっかり考え、電気配線も前もって行っておき、既設の配線や機器も可能な限り取り外しておいたから、当日の作業が楽にできたのだと思う。
さて、これで本日の作業は終了したが、熱帯魚関係以外の荷物は手つかずのまま。まだ当分落ち着けそうには無い。


nice!(0)  コメント(2) 

引越 その1 [日々の徒然]


今年初めより、このブログを始めて9ケ月が経とうとしています。自分なりに精力的に書き込んできたつもりで、多くの方々に見てもらっているのは、本当に励みになります。これからもこの調子で、できる限り続けていこうと思っているのですが・・・
私事で申し訳ないのですが、昨今の仕事が超多忙で、ゆっくりPCの前に座っていることができないほど。これでは落ち着いて文章を書くことができません。せっかく見に来ていただいた方々に、いい加減な書き方では申し訳ない。また、今週末には事務所の引っ越しがあり、そのせいでも滅茶苦茶忙しくなってしまいました。今日から事務所の荷物の梱包が始まり、PCもいったんは外して移転します。このブログは、会社で書いたり、自宅で書いたり、いろいろなのですが、昨今の仕事の多忙で、家に帰るのも遅くなりがちで・・・
事務所にも水槽があって(しかも大型水槽)、その引っ越しが頭痛の種です。とても一人で運べるようなものでもなし、生き物が入っているので、移転も素早くやらないといけないし・・・
カメラも最近の多忙で、まったく触っていません。で、写真も撮っていません。ブログ用に撮りたいものもいろいろあるのですが・・・
そういうわけで、言い訳ばかりになってしまいましたが、引っ越し・移転が落ち着くまで、ブログの更新を延ばします。できれば更新したいのですが、現状では先の見通しがはっきりしないので、いつものような更新ができないと思います。せっかく見に来ていただいた方々には申し訳ありません。落ち着きましたら、必ずこれまでの状態に戻しますので、今しばらく時間的なご猶予をお願いします。
 


nice!(0)  コメント(4) 

中古レンズ その1 [カメラ]

デジタル一眼レフカメラは、PCなどと同様のデジタル製品だ。新製品が早いテンポで出てくるのは、それだけ進歩が速いという証、発展途上だという証、なのだろう。それとも、付加価値をどんどん追加して、自製品の陳腐化を促し、買い替え需要を引き起こしているのだろうか。
それに比べて、交換レンズの方はずっとゆっくりだ。製品のライフサイクルが10年以上というのは、珍しくない。レンズ交換式のカメラが、この世に生れてもう何年になるか分らないが、この交換レンズに関しては、熟成された製品とみて間違いなかろう。
値段の幅も広い交換レンズだが、過去の着実な歴史のせいか、中古市場がしっかり形成されていることは、これを趣味としている我々にとっては、ありがたいことだと思う。新品を買って、不要になった場合でも、中古市場がしっかりしていれば、その流通ルートが確保されているので、中古品として売ることができる。二束三文になるかどうかは、イコールコンディションではない中古品ゆえ、分らないが、それでも美品になればなるほど高値で、引き取り先を探すことができる。日常の身の周りの品で、新品購入後数年使ったものが、購入額の半値以上の額で手放せるものなんて、なかなか見当たらない。趣味の品なればこそだろうが、趣味の品なら何でもそうかといえば、そんなことはない。私のもう一つの趣味である熱帯魚なんて、その中古器具には値段が付かないものがほとんどだし、一度も開封してない新品商品だって、中古売買のルートが確立していないので、高値で処分することなどできない。
少量生産品や希少価値のあるものについては、プレミアが付く場合もあるが、自分の購入した額以上で売れることなど、比無に等しいのだが、中古レンズに関しては、そんなこともたまにある。程度の良い中古レンズを購入して、数年間大切に使ったあと、また売却すると、自分の購入時よりも高く売れたりすることが、私の経験にもあった。もちろん、全てのレンズでそのようなことがあるわけもなく、いろいろな良い条件が重なった結果だろう。
購入額よりも高く売れることはなくても、10万円で新品購入したレンズが、数年使用後7万円で売却できた例は確かにある。3万円の投資で数年の使用ができると思えば、レンタルより良い。中古レンズを7万円で購入して、数年使用後6万円で売却できた例もある。1万円の投資で、数年間の使用ができるわけだ。
こんなことができるのも、中古市場がしっかりしているからだが、昨今の一眼レフのブームも背景にある。需要が多ければ、価格が上がるのが経済の原理。そして、ネットオークションの存在も大きい。中古業者を通さず、そのマージンを削除できるため、買い手にも売り手にも有利な価格で売買できるからだ。もちろん、ネットオークションにはリスクがつきものだが。
 
下の写真は、最近手に入れた中古レンズ。


nice!(1)  コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。