So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その26 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー26-1.jpg

最初の方に書いたが、銀塩からデジタル時代になった今、例え一眼レフカメラのメカ的な部分は変わりないとしても、デジタル画像を記録するメディアの大容量化・処理速度の高速化によって、連写は有効な機能だ。フィルムエンドを気にしながら連写した頃とは違う。それが進歩というなら、我々はそれを大いに利用しない手はない。ましてや、サッカー撮影は、たとえ小学生であっても、不規則に動き回る被写体が相手なのだ。カメラに頼れる部分は頼って、余剰体力・気力が生じたら、それを別のところに集中することは邪道ではない。
連写というと、「数打ちゃ当たる」方式の撮り方のように思えて、否定的な意見もある。私も枚数を多く撮れば、良い写真を必ずモノにできる、という短絡的な考え方に賛成はできない。もちろん、連写しすぎて、バッファーが一杯になってしまい、肝心なところでシャッターが切れない・撮れない、というのは、最も避けなければならないことだし、本末転倒だ。これまで書いてきたとおり、連写の有効性は枚数多く撮ることではない。0.3秒後、0.5秒後というごく短い時間に複数枚を撮ることで、その一瞬を得る確率を高めることだ。

少年サッカー26-2.jpg

しかしその連写にしても、まず最初にしっかりピントを狙った選手に合わせなければ、ピンずれ写真の量産につながる。AI SERVO AFは日に日に進化しているが、それでも万能ではない。このAFの件はまた機会を改めて書こうと思うが、最初の1コマ目がしっかり撮れていないと、以降の連写が無駄になることが多い。それを防ぐ為に、最初の1コマ目をジャスピンにするために、シャッターチャンスのコンマ数秒前にAF駆動を開始する、撮影者自身の力量が必要になる。それがあってこその連写、なのだ。

少年サッカー26-3.jpg

それにしても、連写時のシャッター音が撮影者のモチベーションを刺激する、という事実はあると思う。活字にするのは難しいのだが、カシャカシャシャシャ・・・という緻密なメカが高速駆動し続けている音は、撮影者にとって快感に聞こえる。これが、パシャパシャパシャ・・・、パコパコパコ・・・に近い音だと、どうも撮影者に対しプラス要因にならないように思える。これは個人差のある部分だし、別にシャッター音がどうだからといって、撮った画に影響する訳ではないので、シャッター音で機種選びをすることも、評価をすることもナンセンスだとは思う。ただ趣味であれば、所有者の五感に及ぶ部分は大切にしたいものだ。なぜならそれが、撮影者のモチベーションのアップに繋がることもある、と思うから。

少年サッカー26-4.jpg

少年サッカー26-5.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6 L
2&3&5枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 L Ⅱ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 LⅢ+EF1.4xEXTENDERⅡ

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少年サッカーの撮影 その25 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー25-1.jpg

ゴールキーパー(GK)は、最も撮りにくいポジションだと思う。サッカーをしている自分の子供、そのチームを撮っている方にとって、GKが活躍する場面は自チームがピンチの時。そんな時に冷静に撮っていられる、お父さんやお母さんは少ないのではないだろうか。ついファインダーから眼を離して、指を止めて、ボールの行方を裸眼で追ってしまう(声を上げてしまうかもしれない)。

少年サッカー25-2.jpg

上の写真は小学4年生の試合で、GKがシュートを防ぐシーンを連写した6枚の内の4枚。シュートが打たれることを予想して、その一瞬前にGKにピントを合わせておいて連写開始。ファインダー外から打たれたシュートが、連写開始から3枚目に画面に内に入ってきて、GKの一連の動きを撮ることができた。撮影者はシュートを打った選手を見ていないし、ファインダー内にも無いので、単写ではタイミングが取れない。こういった場合は、連写が極めて有効な場面だと思うし、連写性能が発揮される場面でもあると思う。
前回載せた4連写の写真も、私はボールを見ていないし、パスを出した選手も見ていない。ただ、ボールが渡りそうな選手を感じ取って、そこに先回りして連写を開始した結果、得たものだ。ボールを追い、それに絡む選手を撮るのがサッカー撮影だとしても、ボールを見ず、その行き先を感じ取って既に連写を開始する、これもまたサッカー撮影に必要なことだ。そうした視野外からボールが入ってくる場合、単写で狙うという方法ではシャッターチャンスを計り知れないので、ここでも連写が有効になると思われる。

少年サッカー25-4.jpg

少年サッカー25-3.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ+EF1.4xEXTENDERⅡ
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ+EF1.4xEXTENDERⅡ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

上部フィルターの濾過材 [熱帯魚]


 
今でも、上部フィルターのろ過箱にウールマットだけでいい、なんて書かれている商品もある。まったく、ろ過の仕組みを無視したような話だが、昔はそれでよかったのかもしれない。特に金魚などでは。
ろ過材は、生物ろ過をするうえで欠かすことのできない、好気性ろ過バクテリアを繁殖・維持・活動させるコロニーとなるものである。現在のろ過が、この生物ろ過に多くを頼っている現状では、ろ過材の重要性は大きいと思える。10年ほど前までは、その種類は少なかったが、今では多くの種類のろ過材が売られている。どれが良いか、は、ろ過箱の大きさ、流入水量の多さ、飼育水量、飼育魚の種類と数、メンテナンスの頻度、などによって一概には言えない。概して、単位面積あたりのろ過バクテリアのコロニー数(もちろん、眼で見えるわけではない)が多いほど、高性能なろ過材といえるが、表面が細かい凹凸なので目詰まりしやすく、メンテの頻度を要求する。
私も過去にいろんなろ過材を使ってきたが、現在もこれといった一種に決めているわけではない。水槽によって、ろ過箱によって、飼育魚によって、使い分けているのが現状だ。大型のろ過箱に、細かいろ過材を詰めると、目詰まりしやすく、ひどくなると、ろ過箱から飼育水が溢れてくる恐れがある。小型のろ過箱に、大きなろ過材では、ろ過材の量が入らない。ろ過材には、海水やアルカリ性の飼育水用のものもあるが、これもメンテをサボるとPHが落ちてくることもあるので注意が必要。
昨今のろ過材は、セラミックを原料としたものが多く出回っていて、メンテさえしっかり行えば、半永久的に使える。では、メンテナンスとは何か。それは定期的に洗うだけのこと。ろ過箱にヘドロ状に溜まった不純物を取り除くこと、それだけ。ろ過バクテリアを絶滅させないよう、水道水ではなく、飼育水で洗浄することは言うまでも無い。
ウチの水槽は、ほとんどが上部フィルターだが、そのろ過材はかなり使い込まれたものを、メンテしながら使い続けている。最初に導入するときのポイントは、そのろ過材をかなり、しつこく洗うことだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポーツ撮影はスポーツ [カメラ]

夏休みに入ると部活動が活発になったりして、学生対象のスポーツ大会や試合が、曜日を問わず、あちこちで行われるようになる。もちろん、3年間の総決算みたいな大会もあれば、交流戦みたいな試合もある。少年サッカーを撮っている私にとっても、夏は忙しいのだが、しかし、暑い!
先週までの梅雨空が嘘のよう晴れわたると、いよいよ夏本番。一昨日は小学生サッカーの交流戦、昨日は高校サッカーの地方大会を撮りに行ってきた。広いグランドの片隅で、白い望遠レンズに一脚を付けて移動しながらの撮影。日を遮るものは何も無い。吹き出る汗がファインダーを覗く眼に入って痛い。一試合終わればシャツはビッショリ。選手と同じように水分補給して次の試合に臨む。暑いからといって、気を抜くと、何も満足した画が撮れない。試合中はファインダーの狭い穴から、ボールと選手の動きを予測し、集中し、移動しながら、欲しい構図を想像し、狙った選手に必死にピントを合わせ続け、タイミングを見計らいシャッターボタンを押す。写真撮影、特にスポーツ撮影は、シャッターボタンを押すだけの安易な行為だと思ったら大間違い。
昨日の高校生サッカー撮影。疲れが残っていて、「まあ重く大きなヨンニッパを抱えていかなくても、サンニッパ+1.4倍テレコンでいいか。今日も暑そうだし」と思ったのがいけない。モチベーションが最初から下がってしまっている。前日の小学生とはボールスピードがまったく違い、眼がついていかない。試合展開に応じて、どんどん移動して撮影するのに、暑さにバテてしまって、動くのもサボリがち。集中力が足らないので、ボールと選手の予測が甘く、肝心なところでタイミングを逸する。それにテレコン使用で、AFレスポンスが若干遅れて、ピンズレ連発。日が翳ったり照ったりのコロコロ変わる光線状況に、細かく対応していかないといけないのに、これもサボってしまう。これでは満足いく写真が撮れるわけ無い。惨敗である。
スポーツの撮影はスポーツだ!と誰かが言っていた。そのとおり。選手と同じグランドに立ち、選手と同じように一喜一憂しながら、その表情を切り撮る。試合終了のホイッスルが鳴るまで、集中を切らしてはいけない。どこにどんな良いシーンが待っているか分からないのだから。常に即座に対応できるよう、周囲を見つめ、選手を見つめ、試合展開を読む。夏の太陽がガンガン照りつけるグランドで、選手たちの激しい息づかいを聞きながら、ぐっと息を潜ませファインダーを睨む。スポーツ撮影は体力勝負。プロスポーツカメラマンは、体調管理も仕事のうち、だそうだ。
深く反省した本日だったが、この2日間でいっきに日焼けしてしまった。これも毎年のことである。

下の作例(昨日の一枚)
1D3+EF300mm F2.8 L +EF1.4xEXTENDER      焦点距離 420mm
F4.5   SS 1/1000   ISO 160    評価測光   露出補正 + 1/3   AI SERVO AF   RAW


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少年サッカーの撮影 その24 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー24-1.jpg

前回は小学生サッカーの6連写の画を載せた。小学4年生だから秒6コマに設定したが、これが中学生や高校生なら当然、1D3の連写スピードを秒8コマ以上にすると思う。それは年代が上がるにつれ、ボールも選手も動きが早く大きくなるからだ。それは、画になる一瞬が、より一瞬になり、連写によって得られる画と画の時間的感覚が狭くなければ、貴重な一瞬を撮り逃がす。それでは連写する意味が無い。

少年サッカー24-2.jpg

サッカーを含む、球技スポーツの撮影では、ボールを画の中に入れるということが大切な要素の一つ、と以前書いた。広いグランド内を縦横左右斜めに不規則な動きをするボールを、狭い画角の望遠レンズで追うことは簡単ではない。その為に、まずその競技を理解し、選手やチームを理解し、一瞬先の動きをある程度予測しながらレンズを向ける、ということが必要となる。上の写真は、小学4年生のサッカーだが、ボールに絡みそうな選手を見つけたらAF駆動、ボールが来る前にその選手にピントを合わせ連写開始。するとボールが来て、その選手とボールを一枚の画に入れることができた、という写真である。いかに連写性能が高い機種を使っていても、不規則に動く被写体である以上、予測無くしてむやみに連写しても結果は伴わない。小学生サッカーならまだしも、年代が上がるにつれ比例して、より早い判断力が要求される。
しかし、上の4連写は実は失敗。お気付きの方もいらっしゃると思うが、最後の4枚目でも選手はボールに触っていない。もう2~4枚多く連写すべきだった。闇雲に連写して枚数多く撮ることが、連写のメリットではない。しかし、チャンスと思って連写するなら、一連のプレーが完結するまで撮らないと、肝心な画を撮り逃すことになりかねない、という例だ。その為の連写性能、その為のデジタル画像、その為の大容量メディア、なのだから。

少年サッカー24-3.jpg

少年サッカー24-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F5.6 L
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 L Ⅱ

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少年サッカーの撮影 その23 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー23-1.jpg

サッカーではボールを足で扱う時間が長い。これは、大人でも小学生でも同じ。地面に転がるボールを、足で蹴ってゴールに入れる競技である。もちろん、ボールは地面の上を転がっているばかりではないが、扱うのが足となると、ボールの位置は目線より下であることが多い。
サッカー少年たちをファインダーで追っていると、当たり前だが、ボールを見ながらプレーしていることが多い。地面に転がるボールを見るということは、顔が下を向いたシーンが多いということで、これを撮っても、選手の顔が下向きのハッキリしない画になることが多い。まして、サッカー少年たちは概して、日焼けして色黒。光線の状況次第では、誰だか分からないくらい顔が黒くなってしまう。選手たちのボールに向かう真摯な表情を写し撮ろうとすると、顔を上げた瞬間を狙いたいものだ。
しかし、マイボールの状態で、顔を上げてプレーする時間は、少年サッカーの場合は特に短い。技術力のある選手ほど、ボールを扱いながら顔を上げている時間は長いのだが、そうでないと、自分がボールを扱っている時間はずっと下を向いてプレーをする選手もいる。それでも、一瞬顔を上げることがあって、その瞬間がシャッターチャンスなのだが、その一瞬は予測できるだろうか。

少年サッカー23-2.jpg

上の写真は、小学4年生の試合中でのワンプレーを、1D3で秒6コマに設定して6連写したものだ。どの写真が「使える写真」かは分かっていただけると思う。このように、どのタイミングで顔を上げるのか、どのくらいの時間上げているのか、予想できない。こういった場面こそ連写の出番だ。連写でこのプレーを押さえておいて、後で取捨選択する、というのが現実的な方法だろう。連写して6枚撮っても、使うのは一枚だけで、後は捨ててしまうのだが、それでもその1枚を撮るには、結果的に無駄になってしまうショットがあってこそ、なのだ。
単写でこの一瞬を狙えるのか。不可能ではないと思う。しかし、成功確率は高くは無いとも思う。連写すれば撮れるのか。この1D3の6連写は1秒だ。秒3コマの機種なら半分の3コマしか撮れないことになる。もしかすると、秒3コマで連写しても、使える写真が一枚も無い、ということになっていたかもしれない。
サッカー撮影において連写性能とは、重要なファクターだと思う。

少年サッカー23-3.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F5.6 L
3枚目:CANON Kiss DX+EF400mm F2.8 LⅡ

nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。