So-net無料ブログ作成
検索選択

ようこそ、相棒 [カメラ]


2007年5月31日午前11時44分、予約していた地元のキタムラから、入荷の電話連絡が入る。すぐに取りに行きたいところだが、仕事を片付けて、3年前と同様、銀行によってから午後2時に店に行く。
こんな地方都市のキタムラだから、1D3発表と同時に予約したのは私だけだろう、と思っていたが、そうではなかった。2月22日に発表され、23日に予約した私より先に、22日に予約した猛者がいたようだった。発売開始日の今日、その店で手にできたのは、私とその猛者だけだったようだ。1D2と同様の黒い正方形の箱が、店の奥から取り出されると、横に居た年配の方が「オオッ」という眼を向けてきたのは、ちょっと恥ずかしかったが、それでも冷静に値段の交渉はしてみた。カメラのキタムラでは、全国的に448000円で販売するように指示が出ているとのこと。店長と直に交渉したのだが、申し訳そうな返事を繰り返すばかり。価格重視で、ネットの通販などを利用すれば、もう少し安い値段で手に入ったかもしれないが、1D2同様、こんな高額品を通販で買う気は無かった。これまでも、そしてこれからも、お世話になる店だろうし、地方のキタムラだとこんなものかもしれない、と思い、これ以上時間を割くのは止めた。1D2の時と違って、今回は予備バッテリーも一緒に予約していて、それも一緒に入荷したのは良かった。1D3は値引きできなくても、これは値引きできるでしょう、と持ちかけて、両方合わせて46万円にて交渉成立。キタムラの保障にも一応入っておいて、店を出た。
帰ってから、付属品などを確認し、現在は充電中。まだ一枚も撮っていないが、ファーストインプレッションは、ちょっと軽くなったな、ということと、液晶が大きく目立つようになったな、ということ。インターフェイスは、1D2とはだいぶ変わっていて、こりゃ~、相棒と呼べるようになるまではちょっと時間がかかるかな、という印象。でも本当は、攻略甲斐がありそうで、ついニヤケテしまう私。ファインダーも1D2より広くて見やすい。ちょっと連写をしてみたけど、残念なのはシャッター音。1D2の方が好きだったな~。
今年の初めに、KISS DXを買ったときは、金額がまったく違うので当然かもしれないけど、こんな高揚した気分にはなれなかった。やはり、これから先何年かは私のメイン機種となるからだろうか、期待は大きい。オマエに似合う腕になるよう頑張るから、今日からヨロシク!


追伸:アクセサリーシューが塗装されないようになったのは、個人的には嬉しい。
 


nice!(0)  コメント(6) 

さらば、愛機 [カメラ]

あれは忘れもしない、2004年6月30日。10日ほど前に、悩みに悩んで、そして思い切って1D2を予約した店から入荷の連絡があった。銀行に寄ってから店に着くと、黒い正方形の箱が私を待っていてくれた。
息子のサッカーを10Dで撮り続けて1年。その息子が中学生になる際に、全てのカメラ関係機材を手放した。新入生に試合の出番は当分無いだろう、という予想と、日進月歩のデジタル世界で、使わないのに長く持ち続けることは、価値を無駄に消耗させることだと思ったからだ。しかし予想に反して、息子の試合の出番は速くやってきた。所属が中学校サッカー部ではなく、クラブチームだったことも一因。そうなると、もう右手の人差し指がムズムズとせがんでくる。
2004年の秋には、10D後継機の20Dが発売されるとの噂。それを待ってもよかったのだが、待ちきれない。それに、10Dクラスからのステップアップも考えたい。その年3月に発売された1D2が、すこぶる良い評判なのも魅力的。しかし、50万円近い金額は、手持ち機材を全て処分した金額の倍以上。1ヶ月近く悩んだ末の結論は、「今しか撮れない写真を撮る」。こんな高額カメラを買うのも初めてなので、どんなに早くて安くても、この際通販は除外。近所のキタムラに予約しに行くと、1ヶ月待ちとのこと。それでもいいや、と予約し、レンズが無いと話にならないな~、とカタログを枕元に置いて10日目にやってきてしまった。
プロ用機など使ったこともないので、最初は試行錯誤。掲示板での情報を頼りに、無我夢中。途中、大事故にもあった1D2だったけど、4万枚を撮り終える頃、息子は高校生になってしまった。新入生に試合の出番は当分無いだろう、という予想は、今のところ当たっている。違うのは、小学校4年生になった次男の試合が、徐々に多くなってきたこと。今回は、機材は何一つ手放さなかった。
しかし、KISS DXの加入も、多少の影響はあるだろうが、今年になって1D2の出番は極端に減った。日進月歩のデジタル世界で、使わないのに長く持ち続けることは、価値を無駄に消耗させることだと思う。たくさんの思い出をくれたこの愛機とも、別れの予感がしていたのも事実。購入した時と同じように、悩みに悩んで、そして思い切って1D2を手放すことにした。
どしゃぶりの雨の日も、炎天下の真夏の日も、雪の舞う真冬日も、相棒は確実に仕事をこなしてくれた。一度、異音がしてシャッターユニットを交換したこともあったが、私の期待を一度も裏切らなかったばかりか、未熟な私に多くの知識と経験を授けてくれた。サッカー少年たちのたくさんの笑顔と、掲示板を通しての交流も。そして、いくつかの賞と高評価も。これらは、半分以上1D2のおかげ。これがなければ、得られなかった貴重なもの。感謝しているし、いつまでも手元に置いておきたい気持ちも、充分あった。けど・・・
名古屋QRセンターで点検とセンサークリーニングを終え、私の手垢のついたボディを綺麗にして、第2のオーナーの元へ送り出す。これからもきっと、寡黙ながらも律儀な仕事をこなしていってくれるだろう。思い出はとどまるところを知らず、愛着を断ち切ることもできない。慣れ親しんだ右手が、最後に箱へ収めるとき、そっと一言。
さらば、愛機。


nice!(0)  コメント(6) 

PC [パソコン]

パソコンというものを使い始めて、どのくらいたつだろうか。
最初は、仕事で使っていたタイプライター。これはもう20年以上も前の話だ。その後ワープロに変わり、10年くらいの間に数台を使った。今でも部屋の片隅に、最後の1台(富士通のOASYS LX-C500)が転がっているが、これもフロッピードライブが壊れて、修理不能。
初めてパソコンというものを買ったのは15年ほど前。PC-98というNEC製で、仕事に使う目的だった。その頃は、ただショップの言いなりで、そのショップ自体も少なかったし、今思えば高価でもあった。それでも「便利になった」と感心したし、ワープロと違って、仕事の合間にゲームもできたし、これ以上何が必要か、とも思っていた。インターネットが流行りだしても、あんなものは必要ない、と言っていたのは、10年前くらいだろうか。
それが今では、どうだろう。パソコンの前に座らない日は無い。ネットを開く時間は増大する一方だ。ウインドウズになってから、だいたい3年を目安に買い換えてきたが、今現在は、3台のPCが我が家で稼動中だ。一家に3台というのは多いように思われるかもしれないが、高校生の子供を持つ親としては、今のご時世では致し方ないのかもしれない。とにかく、子供にパソコンを独占されるので、私の使う時間が無いのだ。会社で不良になったパソコンを、自分で直して使ったりしている。
私も必須の道具となってしまったが、子供たちもそう。高校生・中学生の子供は、担任や塾、部活の連絡は全てEメール。調べものや情報収集も全てネット。小学生の子供も、家庭学習はパソコンに向かって、だ。そりゃそうだ、小学校からパソコンの授業があり、パソコンを使えるようになることが必須科目なのだ。今、私の横では、高校生の娘が、明日はエクセルのテストがあるから、といって、あまり使わないエクセルを習得中だ。
一家に一台と言われたのは車の話だっただろうか。その車も、一人一台になってしまった。事実、公共交通機関が便利でない地方都市では、自家用車はぜいたく品ではなく、生活必需品。パソコンが一人一台になるのも時間の問題。いや、既にそうなっているのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0) 

少年サッカーの撮影 その18 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー18-1.jpg

私はサッカー撮影で親指AFを使っていない。その理由は、親指AFのメリットである、置きピンへの転換の早さやピント固定での構図変更の容易さ、そういったケースがサッカー撮影において、意外と少ないからだ。

少年サッカー18-2.jpg

置きピン、つまりはピントを1点に固定して、そこでチャンスを待って撮る、ということが、サッカー撮影でどのくらいあるか。考えられるのは、PKの時、コーナーキックやフリーキックの時だろう。そんなシーンはサッカーの試合中に必ずある。しかし大部分は、動き回るサッカー選手を撮っている。そうしたセットプレーにしても、置きピンが使えるのは一瞬であって、その一瞬後にはすぐに連続した動体撮影になるのである。ピントを固定したまま構図を変えて複数枚撮る、そういったシーンも確かに有る。有るけれど、やっぱり大部分の時間は、AI SERVO AFで動き回る選手を撮っているのだ。こうしたサッカー撮影で親指AFを使う場合、親指を押してAF駆動している時間はかなり長い。親指を離してAF駆動せずにシャッターを切れるメリットを享受できる瞬間というのは、サッカー撮影では実は意外と数少ないシーンであることに気付いたから、私は親指AFを採用していない。

少年サッカー18-3.jpg

ただ、AF駆動とシャッターを切るという操作を切り離すメリットは認識しているつもりだ。なので私は、このカメラ背面にある親指で押せるボタンに、AF-OFFにする機能を割り当てている。つまり、圧倒的に長いAF駆動しながらシャッターボタンを押すという行為に対して、デフォルトのシャッターボタン半押しでAF駆動という設定を採用しながら、1試合に何回かある僅かなAF駆動させずにシャッターを切りたい場面にのみ、親指を押すという操作で対処する。私はこの方法でこれまで撮ってきた。その方が実戦に沿っていると思うし、何より親指が疲れない。
既に現在のCANON機には、背面に「AF-ON」専用ボタンが付いている。これはそれだけ、親指AFに対する需要があるからだろう。私もここで、この親指AFを否定するつもりはない。ただ、スポーツを撮るプロカメラマンのテクニックとして紹介されて以来、親指AFをマスターすることが上達の早道、これを使える人が上級者、スポーツ撮影には必須、というような風評があるように思える。そして、親指AFを使えばAFが早くなる、精度が上がる、決定的瞬間をものに出来る、失敗が少なくなる、自慢できるような良い写真が撮れる、というように思い違いをされているようにも思える。くどいようだが一番最初に書いたように、AF性能(速さや精度)は、使用ボディとレンズとの組み合わせで決まり、親指AFにしたからといって、それは駆動ボタンを変えるだけで、性能が上がるわけではない。良い瞬間を切り撮れるか、満足できる画が得られるかどうかは、その人の技量やセンスなどによるもので、親指AFにしたからといって、得られるものではない。

少年サッカー18-4.jpg

プロスポーツカメラマンは、必要な技術と思えば習得するし、必要な機材と思えば使いもする。30m先の被写体を大きく撮るのに必要だから、400mmや500mmのレンズを使う。技術やセンスの未熟な人が、プロと同じ道具を使ったからといって、同じような画が得られる訳ではない。それと同様に親指AFも、形だけ真似たところで、充分な知識と経験が無ければ、悩む元となるかもしれないし、足枷になるかもしれない。サッカーを撮って、家に帰ってパソコン画面で撮った写真を見てみて、ピントのヒット率が50%未満の方は、親指AFにするべきではないと思う。その前にやるべきことが有るはずだ。それ以上の方は、親指AFも含めて、いろんなやり方を取捨選択して、自分なりのスタイルを確立していくべきだと思う。私は、親指AF-OFFで今後も撮っていこうと、今のところ思っているが。

少年サッカー18-5.jpg


1&2枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ+EF1.4xEXTENDERⅡ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ
5枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 LⅢ+EF1.4xEXTENDERⅡ

nice!(0)  コメント(8) 

熱帯魚店の値付け その8 [熱帯魚]


熱帯魚店は、どのように値段を付けているのか、長く続けてきたが、その最終回である。
さて、器具はどうだろう。水槽・ろ過機・ポンプ・ヒーター・エサなどは、メーカー希望小売価格が決まっているものもある。しかし、この業界では、そんな値段などまったく当てにできない。実売価格はそんな定価とは、かけ離れた値であることが多い。ここでも数の論理は有効で、問屋やメーカーから大量に仕入れると、1個当たりの仕入れ単価はぐっと安くなる。それを考えると、大型店や大都市にある店(来店数が多い)、チェーン店(共同仕入れ)などが有利で、地方にある1店舗というのは、この点では極めて不利である。
器具は熱帯魚などの生体とは違って、死なない。場所さえ確保できれば、いつ売っても儲けは同じ。一部のエサを除いては、賞味期間も考えなくても良い。これまで書いてきた、生体であるためのコストは考えなくてもよいのである。
ただそれは、同じ商品なら何処で買っても同じ、ということでもある。A店で売っているグッピーとB店で売っているグッピーは、同じグッピーでも価格も状態も大きさも違う。だから、購入者がそれを見極めて、よりよい品を選んで購入する。しかし、器具などの同一商品なら、A店で買おうがB店で買おうが、同じである。そうなると、価格勝負だ。
器具類に関しては、店の儲けは極めて薄い。一部の、高額で大型の水槽や特注品を除いては。それは、他店との競合価格の設定のせいである。1万円の水槽セットが売れても、純利益は千円にもならないことが多い。かといって、1万円の水槽セットが、1日に何本も売れるわけでは無い。特売やセールの時などは、問屋やメーカーに協力してもらうこともあるが、過剰在庫品を原価で売り出す、つまりは儲けは無し、ということもある。そうしないと、「安い」と思ってもらえるような値段にはならないからだ。それでも、熱帯魚のように、死なないから、損は出ない。ただ、器具だけで店を維持するのは、事実上無理と言わなければならない。

さて、熱帯魚店の値付けについて、だいたい分かっていただいただろうか。どの業種も決して楽な経営をしているわけではないだろうが、熱帯魚などの趣味の店は、なかなか儲かるものでもないし、もしこれから熱帯魚店を始めようか、と考えている人(バブルの頃はよく見かけた)がいれば、今一度考え直した方がよいかもしれない。
 


nice!(0)  コメント(2) 

少年サッカーの撮影 その17 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー17-1.jpg

では、親指AFのデメリットはあるのだろうか。
まずは、その意味を理解し、操作に慣れないとメリットを享受できないということはある。慣れないと、AF駆動しないでシャッターを切ってしまったり、試合中ずっと親指を押しっぱなしで、何の為の親指AFか、ということになりかねない。サッカー撮影では、その瞬間を切り撮る集中力と反射神経が必須。余計な操作に気を使わなければならないようでは、効果半減どころかデメリットになってしまう。無意識のうちにできるよう、練習や慣れは必要だろう。
次に、親指で操作を行うということは、カメラボディのホールドに関しては悪くなるということ。これは慣れの問題もあると思うが、通常設定では、利き手の指は1本しか使わない。シャッターボタンを押すだけだ。残りの4本の指は、カメラのホールドに使われる。親指AFの場合は、利き手の指2本を使う。残った3本の指でカメラ本体をホールドするのだが、大きく重いボディを手持ち撮影する場合は、長時間だと辛い場合も出てくる。指が1本少なくなるだけじゃないか、と思われるかもしれないが、少なくなるのは親指なのだ。カメラの前面を持つ3本の指が2本になるのではない。カメラの後面にある1本だけの親指が、ホールドに専念できないことは、多少のデメリットだと思う。

少年サッカー17-2.jpg

私が今思いつくデメリットというのは、そんなところか。それならば、メリットの方が遥かに大きく感じられる。そういう結論ならば、この親指AFはサッカー撮影に極めて有効な方法であり、会得すべきだ、との結論に達しよう。ところが、だ。私はこの親指AFを採用していない。その理由は?

少年サッカー17-3.jpg

少年サッカー17-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 LⅢ+EF1.4xEXTENDERⅡ
2&3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ+EF1.4xEXTENDERⅡ

nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。