So-net無料ブログ作成

道端の花壇 [巷の雑感]


自家用自動車が贅沢品だったのは、遠い昔。今では、一部の都会を除いて、生活必需品になってしまった。私の住んでいるのは地方都市だが、人口は大して増えていないのに、車の数は増えているようだ。で、年々道路の渋滞がひどくなり、新しい道を作ったり、道路の拡張が行われている。
一年ほど前ウチの近所で、農道を拡張するかたちで、新しい道路ができた。私もよく通る道なのだが、ふと見ると、街路樹の根元に綺麗な草花が植えられている。それがいつ通っても、綺麗な花を咲かせている。きっと市か、どこかの組合か、自治会が植えているのかな、と思っていた。それにしても、こんなに何時も咲いているのは、毎月のように植え替えているのだろうか、と疑問に思っていた。
この間、その植え替えの光景を見てしまった。麦藁帽子をかぶった一人の年配の女性が、花を満載したパレットを持って、一人で植え替えている。声をかけて聞いてみると、この近くに住んでいる方らしい。休耕田を利用して、趣味で花々を育てているのだが、それを毎月ここに植え替えているのだそうだ。「だって、道路もキレイになったことだし、綺麗な花が植えてあったら、いいかなと思って。ウチの畑に咲かせておくより、こっちの方がみんなが見てくれるし、花も喜ぶんじゃないかな」と、日焼けした素敵な笑顔で語ってくれた。
市や公的機関がこんなことをすると、税金の無駄遣いだ、とか、そんな予算があるのなら、もっと料金を安くしろ、とかの話になるかもしれない。けど、一個人のボランティアなら誰も文句は言うまい。逆に言えば、このような事は、ボランティアや善意に頼らなければできないことになってしまったのだ。それくらい、今の地方都市の財政は厳しい。
趣味で育てた花を移植することで、多くの人の心の足しになっている。振り返って見ると、趣味で写真を撮っている我々は、何か公共のためになっているだろうか。趣味といっても様々、ちょっと考えてしまった。それにしても、こんな小さな街路樹の根元の花壇を、犬の糞だらけにして、この善意に応えている人たちは、一体どんな神経を持っているのだろうか!
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

以心伝心 [カメラ]

ウチの近所でも、ぼちぼち桜の花が咲き始めた。
紅葉といい、この春の桜といい、被写体に恵まれた日本人に生まれてよかったと思う。前にも書いたが、サッカー撮影三昧だった昨年とは違って、今年はいろんな物を撮ってみようという気になっている。それで、この時季の桜は外せないだろう。ところで、どうやって撮ればいいのだろう。
ただ、桜の木のところに行って、カメラを構えて、シャッターを切れば、撮れる。しかし、それではありきたりの写真になってしまう。ホームページやブログで、素晴らしい風景写真を公開している人がいるが、そんな方々(プロは除く)はどうやって撮っているのだろうか。
以前どこかの本で読んだ事がある。まずは感動しなさい、と。綺麗だな、美しいな、凄いな、という気持ちを抱きなさい。そしてそれを、形にするべくシャッターを切りなさい。それができれば、その写真を見た人も、あなたが抱いた感動と同じような感動を、その写真から受けるでしょう、と。
写真は記憶を記録にするもの。感動を形に出来るもの。技巧やテクニックが先ではない。感動が先で、それを形にする、正しく伝える、ということに技術や工夫が必要なのだろう。
最近、あまり感動しなくなった、技術の無いおじさん(私)には、やっぱりちょっと難しいかもしれない。
 
下は、昨日のウチの近所の桜
1D2+EF24mm F1.4 L  焦点距離 24mm
F3.2   SS 1/1000   ISO 100   評価測光   露出補正 -1/3   ONE SHOT AF    RAW



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熱帯魚店の仕入れ その5 [熱帯魚]

海外からの仕入れの場合、輸送コストもバカにならない。当然、船便ではなく航空便となる。
熱帯魚の場合、小魚(ネオンテトラなど)の場合は、一箱に一つの袋で1000~3000匹くらい入れられて送られる。アピストなどの中型魚では100~500匹で一箱一袋。原種などの高価な魚の場合は、一匹づつビニール袋に入れられ、一つの箱に10袋(10匹)ということが多い。魚食性のある魚(ピラニアやガーなど)は、もちろん一匹づつだが、大型魚になると、一箱に一匹ということもある。当然、魚は生きたまま到着しなければならないので、飼育水が入っているが、この水量で重量が大きく変わるので、コスト削減のためにはなるべく少なくしたいところだ。で、最小限の水しか入ってない。要するに、航空便の場合は、搭載重量ギリギリのところで、どれだけ沢山の魚を詰め込めるか、にコスト削減がかかっている。なお爬虫類のように、ポケットに忍ばせて密輸、というのは、熱帯魚では無理。
国内卸問屋から宅配便で送られるケースも同様だ。業者によって違うが、1個25~30kgまでとなっているから、その重量になるまでどれくらいの魚を詰め込んで送れるか、ということが一匹あたりの輸送コストの削減、というところだろう。
だいたい原種の魚というのは、当地で普通に川や沼に生息している魚、それを漁師が生きたまま取って来た魚、ということだから、魚自体の値段はゼロで、コストの額がその魚の価格となる。以前、幻の魚として知られたゼブラキャットが、初めて輸入されたニュースを見たことがあるが、ただでさえよく動き、酸欠に弱い魚だ。何重もの大型のビニール袋に多くの飼育水を入れ、パンパンに空気を満たした状態で、もちろん一箱に一匹、大きな発砲スチロールの箱に入れられ、地球の裏側のアマゾンから送られてくるのである。そりゃ、高価なわけである。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熱帯魚店の仕入れ その4 [熱帯魚]

海外から直接仕入れた場合はどうだろう。国内の卸業者を経由しないのだから、その分割安になるように思われるが、そうでもない場合が多い。
海外の業者と直接取引きすることは、いろんなメリットもあるが、ある程度以上の量を、長期間安定的に取引しないと、そのメリットを生かせない。海外の業者も、大口取引先には良い魚を良い状態で送るように配慮してくれるが、いちげんの客や小口の取引の場合は、B級品(魚)を送ってきたり、数をごまかしたり、クレームを言っても聞いてくれなかったり、知らん顔されたり、日本国内の業者間のような常識や配慮が足らないことも多い。
さて、海外から長い時間を経て送られてきた魚たちは、当然弱っている。最悪、死着ということも珍しくない。弱って発病しているケースもある。魚の入っていた飼育水は、当然その国で飼われていた水だが、これも危ない。どんな病源菌が含まれているか分からない。以前、ディスカスエイズが流行ったことがあったが、それはこうした海外からの飼育水から国内に持ち込まれたものだった。海外からの飼育水は、よほど自信のある場合を除いて、絶対に自分の水槽に入れてはならない、魚のみ網ですくって入れて、水は必ず捨てること。
そうして海外から直接仕入れた魚をどうするか、二つに分かれる。一つは、大量に仕入れたはずなので、弱っていることは分かっていても、安価で仕入れたから、安価な値段を付けて、死ぬ前に売り切ってしまうこと。よくセールなどの目玉商品となるケースだ。それでも、日々死魚は出てくるので、そのあたりも計算に入れて値段を付けないと、原価割れすることがあるので注意が必要。もう一つは、しっかりトリートメントして、魚に元気を回復させてから売ること。これには、コストもリスクも時間もかかる。熱帯魚店も、経験は豊富だが、医者ではないし、魚も言葉を話してくれるわけではない。他の動物ほど治療が確立しているわけではないので、それでも死魚はでるし、薬品を使えば、そのコストもかかる。入荷してから、販売できるようにするまで時間もかかれば、その間店の水槽を占拠することにもなる。エサ代もかかる。要するに、国内の熱帯魚卸問屋がやっていることを店が行うわけだ。卸問屋はこれを専門的にやっているのだが、さて店がやるのとどちらがコスト的に有利だろうか。
海外から直接取引きするには、ルート開拓も大切だし、外国人を理解したうえで付き合うマナーや知識や駆け引きも必要だし、大量に仕入れて売りさばく財力も必要だ。そうでなければ、メリットがデメリットになってしまうかもしれない。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トロピカルジャイアント・ガー [熱帯魚]


熱帯魚の中には、古代魚と分類される魚がいる。数千年前からその形を変えずに生き続けている種類。他の魚種や動物が、環境の変化への対応やその他の要因で、姿を進化させてきたのに対し、そういった進化を放棄して、昔のままで行き続けている種類。ある意味「頑固」、ある意味「無欲」。
このトロピカルジャイアント・ガーも、昔はなかなか入荷しない、愛好者の間では「幻の魚」とされていたが、最近では幼魚をちょくちょく見かけるようになった。ウチのがやってきたのは、もう7~8年前だろうか、結構な額だったと記憶している。今では70cmほどに成長したが、水槽内ではこんなものだろう。私は、ヘビが大嫌いで、ヘビを連想するような細長い魚は嫌いだ。しかし、ガーの類は好きで、その古代魚らしい風格というか、何とも言えない存在感が好きだ。
いろんな種類のガーを飼ってきたが、今居るのはコイツだけ。コイツも一度水槽の隙間に突っ込んで、大怪我したことがあったが、少々の怪我では立ち直れる生命力は、さすが古代魚。これらの魚を上手く飼えるかどうかは、ひとえに大型水槽を導入できるかどうか、に尽きる。怪我をさせてしまったのも、原因は狭い水槽。特に体の硬いガーは、奥行きのある水槽(最低60cm)でないと、何らかのトラブルになりやすい。ウチでは今、200cm×75cm×75cm水槽に居る。
スポッテッド・ガーやショートノーズ・ガーと比べ、明らかに幅が広く、肉厚で、ガッシリした口先は、アリゲーター・ガーと同様、噛まれたら痛そうである。が、他のガーの華奢な造りとは一線を画す風格のある口先廻り、鎧のようなウロコ、むやみに太らないが、それでも筋肉質を連想させる太い胴回り、などが魅力の魚だが、こんなことは、男にしか魅力に思えないだろうな~。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少年サッカーの撮影 その4 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー04-1.jpg

まず最初に挙げておきたいのは、しっかりピントの合った画を撮ることだ。凄く当たり前のことだと思うだろうが、実はサッカー撮影では簡単ではない。広いグランド内を動き回るサッカー選手、その動く方向は不規則で一定では無い。その動く速さも一定では無い。動いたり停まったりターンしたり、と一定では無い。つまり撮影者自身と被写体である選手との距離は、1秒以内の短時間の間でも、数センチから数十センチ、数メートルと変化し続ける。その被写体に常にピントを合わせ続けることは、現在の一眼レフタイプのカメラが採用する、優れた位相差検出方式のオートフォーカス(AF)をもってしても簡単ではない。(コンパクトデジカメなどが採用するコントラスト検出式AFでは、更に難しい)
なぜ難しいのか。CANON機で例を挙げれば、AFには2種類用意されている。ONE SHOT AFとAI SERVO AFだ。前者はAF駆動されると測距を開始し、合焦すれば(再測距しなければ)そこでホールドされる。つまりは被写体に対する測距(ピント合わせ)は1度きり。従って、静物撮影などで多く使われる。それに対して後者は、AF駆動している間は測距作業を連続して行うので、被写体が動いて撮影者との距離が常に変わっていく動体撮影に向いている。通常、サッカー撮影では、狙った動く選手に対してピントを合わせ続けてほしいので、後者のAI SERVO AFを使うこととなる。これは直前の被写体の動きを検出しながら一瞬先の合焦点を予想演算する、メーカー独自のアルゴリズムが大きく影響する。しかしそれは、あくまで予想であって、外れることもある。外れたと判断したらまた瞬時に合わせる動作をする。これが1秒以下の極めて短い時間に何回・何十回と繰り返される。ただ、前者のONE SHOT AFは合焦しないと(カメラが合唱したと判断しないと)シャッターが切れないのに対して、後者のAI SERVO AFは、いつでもシャッターが切れる。もちろん連写もできる。ということは、例えば1秒に5コマ撮ったとして、1枚目でジャスピンだとしても、2枚目では僅かにピントを外すこともあり(例えば、選手の肩にピンが来て、顔は僅かにピンずれとか)、3枚目にはまたジャスピン、ということもある。

少年サッカー04-5.jpg

少年サッカー04-2.jpg

また、レンズを振って狙う選手にピントを合わせたつもりでも、実はAFを駆動させるのが早すぎて、背景にピントを合わせてしまい、そのまま連写したらピンずれ写真の量産になってしまった、ということもある。また、狙う選手にしっかりAFフレームを合わせたつもりでも、1枚目ではAF速度が追い付かずピンボケ、3枚目以降になってやっとピントが来たが、その時には既にボールを蹴った後だった、などということもある。AF速度の件はまた別項で述べるとして、AFが一般的になって久しい現在でも、AFは100%完全ではない事は前提の上で撮影を進めるべきだろう。しかしそうは言っても、このAFを利用せずにサッカー撮影するのは、更に難しい。絞って被写界深度を深くして、ONE SHOT AFで撮った方が歩留まりが良い、という人もいるが、選手とボールの動きが遅く小さい小学生サッカーならまだしも、それ以上なら私的には、AI SERVO AFの使い方を工夫した方が効率が良いと思う。

少年サッカー04-3.jpg

少年サッカー04-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
2枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 LⅢ+EF1.4xEXTENDER
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
4&5枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー