So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その55 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー55-5.jpg

さて前回の話を前提に、このレンズ(EF100-400)を使って、1D3(APS-Hセンサー)にて通常のカメラを横にして撮影した場合の最適撮影範囲を、私なりに図式したものが下の画である。あくまで概略図であることを前提にして見て欲しい。もちろん、タッチラインまで5~7mまで寄れたとしてであって、スタジアムの観客席からなど、これほど寄れない条件ではもっと厳しい結果となるだろう。APS-Cセンサー搭載機やフルサイズセンサー搭載機の場合も、これとは違った結果になることもあろうが、その点は留意して見ていただきたい。

少年サッカー55-1.jpg

見方は様々だが、400mmのレンズを使っても、意外とグランドを撮れないものである。それだけサッカーグランドは広いということだし、グランドの端から端までをカバーする焦点距離のレンズを探すのは、なかなか難しい。確かに、シグマレンズには300-800mmという焦点距離のレンズがあるが、300mmでは最も選手が近付いた時には入りきらないだろうし、800mmで動き廻るボールや選手を捉えて追うのは画角が狭すぎて、ちょっと勧める自信が無い。
ではどうするか、と言えば、(その52で書いたように)アマチュアサッカー撮影のメリットを生かし、まずは撮影者自身が動くことだろう。タッチラインまでこれ以上近づけないとしても、離れることはできる。タッチラインの端から端まで移動できなくても、ある程度動ければ、グランドの半分近くはカバーできる。それを図案化してみたのが、以下の画だ。

少年サッカー55-2.jpg

赤い▲印が撮影者で、この4つの▲印の囲む範囲を移動できれば、グランドの半分近くのプレーを満足な大きさで撮ることができる。この範囲とは、前後に数m、左右にはタッチラインの半分ほどだから50~60m。サッカーの試合はグランド全面を使って行われるが、プレー自体はグランド内で必ずしも均一に行われる訳ではない。私の経験では、プレーの展開を見ながら移動して、このくらい撮影可能領域が確保できれば、実際のプレイの7割くらいは撮影できると思う。

少年サッカー55-3.jpg

少年サッカー55-5.jpg

少年サッカー55-4.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm 絞り優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.52 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぴんさん

こんばんは

実は息子の通う学校の方からサッカーの試合の撮影を頼まれたので
食い入るようにレポートを拝見しました^^;
いつもながら大変勉強になります
D3に300mmF4+1.4倍テレコン、D40にVR18-200mmの
2台体制ですが、初めてなので気負わずに撮ろうかなと思います
残念ながらブログ掲載はNGですが、チャレンジを楽しみたいです
by ぴんさん (2008-10-09 22:04) 

ジュニアユース

ぴんさん、こんにちは。
そうですか、少年サッカー撮影は初めてなんですね、意外でした。でもぴんさんなら、まず大丈夫だと思いますよ。きっと私とは、また違った画を撮られるのではないかと思います。撮影者の個性が出るのも写真ですし、そこが奥深く面白いところですね。ぜひ、頑張ってください。

by ジュニアユース (2008-10-10 12:06) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。