So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その52 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー52-1.jpg

前回紹介したプロカメラマンの撮影ポジションだが、我々アマチュアカメラマンが我が子・我がチームを撮るとなると、この撮影ポジションがベストとは言い難い。
プロでは禁じられている試合中の移動や移動しながらの撮影が、少年サッカーなどのアマチュアサッカー撮影では可能なことが多い。これは、試合展開や試合中のボールや選手の動きに応じて、最適な撮影ポジションを取れる可能性が高まるということを意味し、私はこれが、少年サッカー撮影の最大のメリットだと思っている。もちろん、試合進行に支障が出るようなポジション(ゴール裏とか線審の邪魔になるところ)は、厳に慎まなければならないのは言うまでもないが(実はこれが分かっていない親が最近多い)、このメリットを利用しない手はない。もちろん限度というものはあって、広いグランドをボールや選手と同じくらいの速さ・距離を移動できるわけでもなく、線審並の運動量もキツイとは思うが、それでも移動しない定点撮影よりは遥かに撮影シーンの適応力は上がる。
ただ、だからといって、何でも撮ってやろう、では、なかなか印象的な思ったような画を得ることはできないと思う。以前に、「目的を持って撮る」ということを書いたが、その瞬間瞬間に何を撮りたいかを狙って撮らないと、散漫な画の量産につながってしまうことを、私は自らの体験で知っている。

少年サッカー52-2.jpg

逆に、プロカメラマンの撮影ポジションに比べて劣っている点は、何といってもあれほどは、選手やピッチに寄れないことだろう。練習試合や地方の公式戦などでは、学校のグランドで行われることも多く、タッチラインまで数mという距離まで寄れることもある。しかし、スタジアムやサッカー専用グランドなどでは、観客席からの撮影を余儀なくされることがほとんどで、そういった所で行われる「晴れの舞台」こそ、しっかり寄って良い写真を撮りたいのに、そういった時ほど寄れないことが多く、フラストレーションの貯まる結果となる。陸上トラックのある競技場のスタンド席からの撮影などでは、タッチラインまで20m以上あることもザラだし、私などはそんな場合は撮影意欲が萎えてしまう。
総じて、なるべく近づく、試合中も移動できる、ということが重要なポイントだが、では寄れないなら、もっと焦点距離のあるレンズを使えば良いではないか、という考えも浮かぶだろう。
しかし・・・

少年サッカー52-3.jpg

少年サッカー52-5.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/500 絞り F2.8 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 3200  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 160  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDER
焦点距離 560mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/640 絞り F4.0 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 400  AI SERVO AF  RAW

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kuni8686

最近はデジ一眼の普及とともに、お父さんカメラマンが増えてきましたが、
言われるように、そこで撮らないで!というポジションで撮影されている方も
多く見かけます。先日はPK戦時にゴールの真後ろで撮っていた方がいました。
さすがに審判に退いてくれと言われたようですが・・。
位の高い公式戦等はやはりスタンドからの撮影となりますので、逆サイドの選手は良い画が撮りにくいですね。
いくら長玉を使っても、70m先の選手と、90m先のバックスタンド観客が
近すぎて上手くボケませんから、トリミングしてもインパクトのない
画になりがちです。私の場合、開放でもF5.6なので余計にですけど・・。

by kuni8686 (2008-09-19 23:54) 

ジュニアユース

kuni8686さん、こんにちは。
確かに、最近のデジタル一眼の普及とサッカー熱の上昇で、昔より撮影されている父兄の方を見かけるようになりました。この間は、大声で応援しながら、タッチラインに沿って走りながら、ファインダーを覗いているお父さんを見かけましたが、思わず「スゴイ」と感心してしまいました。他人の迷惑にならなければ、夢中になるのは良いかもしれませんが、狭いファインダーばかり覗いていると、周りが見えなくなることもあるかもしれませんね。


by ジュニアユース (2008-09-21 21:08)