So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その47 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー47-1.jpg

サッカーの試合で写真を撮っていると、ビデオカメラで動画撮影している人をよく見かける。それは、チームメイトだったり指導者だったり保護者だったりするのだが、サッカーという競技には、この動画撮影はなかなか有効だと思っている。サッカーは11人(小学生では8人制の場合もある)で行う団体競技。広いグランド内で、ボールの動きと連動して動き回るスポーツだから、フォーメーションやポジショニングは刻一刻と変化していく。そしてそれが試合中は途切れることがない。個人レベルの技術的なことの為の動画撮影もあるだろうが、その時々の走る方向・速さ、パスコースとその選択など、チームの一員としてその瞬間に判断しなければならないことへの研究・反省材料に、動画が有効なことが多い。私自身も以前は、試合を動画撮影して、息子と二人で反省会をよくしたものだ。
ビデオは1秒間に30枚の画を記録して(NTSC)、連続して再生することで動画として見せている。常に記録し続けているので、決定的なシーンを撮り逃す確率は低い。HVが普及し、より高画素化が図られた動画なら、試合中ずっとカメラを回しっぱなしにして、後で必要なシーンのみ静止画で切り取り、必要なら加工すれば、立派なサッカー写真になるのではないか、という考えも出てくるし、将来はそうなるかもしれない。家庭用のビデオカメラの被写界深度はかなり深く、ピントに関してはシビアではないし。

少年サッカー47-2.jpg

それに対して写真撮影(スティルカメラ)はどうだろう。静止画である写真は、試合という流れの中で、選手の動きの流れの中で、ある一瞬を写し撮ったものである。撮影された場所や方向は窺い知れるかもしれないが、その前後のシーンは分からないし、常に撮り続けているわけではなく、撮影者の意思でシャッターを切るのだから、サッカーのように動きの予測が難しいスポーツは、撮り逃す可能性も高い。こう考えると、動画のビデオカメラの方が、サッカー撮影には容易であることは、ほぼ間違いないと思われる。
サッカーの試合をビデオ(動画)撮影した経験のある方なら分かってもらえると思うのだが、同じような倍率のレンズを使っていても、実際にはスティルカメラよりずっと引いて撮ることが多い。画面内に一人の選手しか捉えない、ということはほとんどなく、多い場合はチームの半数がその画に写っているということもあろう。これは撮影目的による違いもあるのだが、動画はあくまで動く画を見せるために撮るのであって、あまり急激なパンや小刻みなズーミングは見る人に不快感を与える(酔う)ことになる、という理由もある。それゆえ、サッカーでの動画撮影では、ある程度引いて撮らなければならず、それゆえに試合の流れを見るのに適している。そう、動画はあくまで流れで見るものだし、評価もそうだと思う。

少年サッカー47-3.jpg

少年サッカー47-4.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F6.3 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 200  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F5.6 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/640 絞り F5.6 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 200  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS+EF1.4xEXTENDERⅡ
焦点距離 420mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。