So-net無料ブログ作成
検索選択

イエローストライプ・シクリッド [熱帯魚]

イエローストライプ・シクリッド 1.JPG

その名の通り、黄色と黒のバンドが鮮やかな、アフリカンシクリッドの一種。これも以前からよく見かけるポピュラーな魚だ。
アフリカンシクリッドの中では、比較的小型で、成長しても10~12cmほどにしかならない。なので、アーリーやボルレイなどと混泳させると、いじめられやすく、そうなると餌も取れずに他界する場合が多い。種類は多くないが、この種のような比較的小型のアフリカンと、大きさを考慮して飼うのがよいと思う。しかし、性格はやっぱりキツイ。もちろん、丈夫で安価で、餌は人工飼料で充分育ってくれる。
ところで、この種も他のアフリカンシクリッド同様、マウスブリーダーだ。孵化した稚魚を守るために、親魚は稚魚を口に含んで育てる。まあ、いつまでもそうしていられるわけではないのだが、死亡率の高い孵化直後を守ってくれるので、飼育者としては子供が取れる確率が高いのも、こうしたマウスブリーダーの魅力でもある。
ウチの一匹が、どうもそのようなので、別の水槽に移したら、翌日には大量の稚魚を吐き出していた。稚魚のサイズは5mmくらいだろうか。正確な数は分からないが、30匹以上はいる。広いとはいえない親魚の口の中に、よくもまあ、こんな数がいたものだ。今は親魚を離して、稚魚用の人工飼料をやっているのだが、3週間ほど経った今では倍の1cmほどに成長してくれた。丈夫で強いシクリッドだからこそだが、今後は大きさの差も出てくるだろうし、稚魚同士の争いも出てくるだろう。稚魚を分離する水槽も用意しなければならないかもしれない。稚魚を吐き出させるために分けた親魚も、すぐに元の混泳水槽に戻すわけにもいかず(戻すと他魚に殺されてしまうだろう)、こうしたブリードは、なかなか水槽本数に余裕がないとできないものだ。
イエローストライプ 2.JPG

nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ゼク

イエローストライプシクリッドと聞いて書き込まずにはいられません。
僕が最初に熱帯魚を買ったとき、う~~ん、今から23年くらい前でしょうか
今では考えられませんが60cmの水槽が1980円で売ってるとのことで
なんと自転車で何キロも離れた店に買いに行きました。

帰りは自転車の荷台に紐で60cm水槽をくくり、中に底面ろ過フィルター
、砂利、ヒーター、サーモ、温度計・・・等を入れて帰りました。

当時はまだ中学2年で水槽の水を作ってから魚を買うなんて考えもせずに
何と魚も同時に購入した記憶があります。

魚はアフリカンが流行っていたので当時すでに安かったコイツと
イエローシクリッド、ブレベリー、赤コリそこら辺を買ったと思います。
ヤコブ、アーリー、ピーコックはまだまだ高価で手が出ませんでいた。

イエローストライプは小さいときはストライプがきれいなんですが大きくなる
と共に色が鈍くなり最後は色が消えた記憶があります。

今でもコイツを見ればそんな中学時代を思い出すのです!!
by ゼク (2008-07-14 19:37) 

ジュニアユース

ゼクさん、こんにちは。お返事遅くなって、申し訳ありません。
そうですか、中学生の時に飼っていたんですね。こうした小型のアフリカンは、普通の水槽でも飼えますし、丈夫で長持ちで、いいですよね。ネオンテトラなんかの小魚よりも、ずっと飼い易いと思います。
熱帯魚を飼い始めたのは15年ほど前からですが、私が中学生の頃と言えば、カメを飼っていた記憶があります。夜店で買ったミドリガメだったなあ。

by ジュニアユース (2008-07-16 22:08) 

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。