So-net無料ブログ作成

少年サッカーの撮影 その41 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー41-1.jpg

サッカーの撮影におけるボケを生かした背景処理について、いろいろ書いてきた。大口径レンズでのボケを生かした背景処理については、前回までに予算がかなり必要なことと、シビアなピント精度が必須なこと(撮影者自身の技量とカメラ+レンズのAF性能)を書いた。ではそうではなく、一般的な普及型ズームレンズでも上手く背景処理できないだろうか。

少年サッカー41-2.jpg

コンパクトタイプのデジカメではなく、一眼タイプのデジタルカメラを使う限り、背後にあるものとの距離をとれば、かなりボケてくれるのだが、グランド内を縦横無尽に動き回る選手を狙うのだから、そう都合のよい場合ばかりとは限らない。そこで、背景を単一面にすることで背景を処理し、狙った被写体をかなり目立たせることができることに気付く。グランドを囲う背景が、壁とか林、フェンスだけなら、背景がウルサク無いので、これが多少でもボケてくれれば、充分対処できる場合もある。逆に、背景が看板や人ごみ、隣家などだと、色彩的にも目立ってしまって、背景がボケてくれてもウルサイ印象が強くなってしまう。上の作例は、ちょっと背景がウルサイだろうか。もちろん、応援シーンを背景に使い、背景からのプラス効果を狙う場合は、この限りではないが。

少年サッカー41-4.jpg

選手よりも上方から狙うという方法もある。上の写真もその一例だし、たとえばスタジアムの観客席から撮る場合も当然そうなるのだが、俯角で撮れば背景が地面という単一面になってくれる。スタジアムではなくても、ちょっとした脚立に乗るだけで、随分印象が変わることがある。難点はやはり、上方からだと、下を向きがちな選手の顔を撮ることが難しくなること。上方からの見下げ角度が大きくなるほど、選手の表情を撮るのは難しくなるので、グランドレベルに比べ、あまり上方からでは使える写真が少なくなる。
では逆に、選手よりも下方から撮って、背景に空を入れる、というのはどうだろうか。これは使えるだろう。しかし、背景全てが空、にするにはかなり下方から見上げねばならず、時に地面スレスレの位置にカメラを置かないと撮れないことも多い。実際やってみると、これはなかなか窮屈な姿勢を要求され、移動しつつ行うには、体力が必要。

少年サッカー41-3.jpg

いづれにしても、上手く背景処理できたとして、ピントがキッチリ被写体にあっていないと意味が無い。以前にも書いたが、不規則に動き回る被写体だから、しっかり指定したAFフレームで追従させてやることは必須。カメラが勝手に追従してくれるのではない。追従させてやるのだ。特に動体撮影の場合、レンズを振ると背景も動くので、彩度の高いものが背景にあると、ピントがそれに持って行かれることもある。AI SERVO AFは、最初にしっかり被写体を捉えないと、その後に連写したとて無駄な写真の量産になる。撮影者の間違いを、カメラが勝手に直してはくれない。

少年サッカー41-6.jpg

できるだけ被写体となる選手を大きく撮ろう、ということから始めた話だが、実際に撮影するにあたっては、手持ち機材の制約もあるし、撮影ポジションも思うようにいかないことも多い。いや、そういった場合がほとんどだろう。それでも、知恵や工夫やアイデアの引き出しは多い方が良い。その時の与えられた条件の下で、いろんな選択肢を考え、組み合わせて撮影に臨むことは、難しくもあり、楽しくもあり、撮影の醍醐味でもあると思う。ホームであろうがアウェイであろうが、土のグランドであろうが芝のスタジアムであろうが、どんな条件でも懸命にプレーする選手たちに負けないように、撮る方もがんばろう。

少年サッカー41-5.jpg


1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F5.6 評価測光
露出補正 +-0  ISO 400  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F5.6 L
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F7.1 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 500  AI SERVO AF  RAW
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/640 絞り F6.3 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 250  AI SERVO AF  RAW
4枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L IS
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  RAW
5枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
焦点距離 300mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1000 絞り F5.6 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 320  AI SERVO AF  RAW
6枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L Ⅱ+EF1.4xEXTENDER
焦点距離 560mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F4.5 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 1000  AI SERVO AF  RAW

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました