So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その34 [少年サッカーの撮影]

下の作例
1D3+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS       焦点距離 180mm
F8.0   SS 1/640   ISO 200    評価測光   露出補正 +1/3   AI SERVO AF  JPEG
少年サッカー34-1.jpg

上の写真は失敗写真。こんな撮り方をしてはいけない。これでは、「サッカーをやっている風景」になってしまう。
まず、この写真で撮りたかったのは、どの子だろう。中央のボールを扱っている子に違いない。それにしては、画の中で狙った被写体が小さい、そのため余計なものが画面内に多く入り込んでいるので、撮りたいと思った被写体から受けるインパクトが薄すぎる。では、もっと寄れなかったのか、といえばそうではなく、EF100-400のレンズを使って、180mmあたりの焦点距離を使っている。実はもっと寄れた(大きく撮れた)はずなのだ。ではなぜそうしなかったのか。それは、動きまわる被写体がファインダーから外れることを恐れて、つい引いて撮ってしまいがちな、初心者の方によくあるケース。
次に、晴天の屋外にも関わらず、ISO200にしてF8.0にて撮っている。つまり、ピントが多少ズレてもよいように被写体深度を深くして撮影しよう、という意図が見える。そのせいで、背景や余分なものがボケず、うるさい印象を与えてしまい、これも狙った被写体を薄くしている原因になっている。ファインダー内で被写体が小さいから、AFフレームを狙ったところに合わせにくくしている、その対処法として絞って被写体深度を深めているのかもしれないが、それではいつまでも満足した画は得られない。
AFが遅い、ピントがずれている、と機材のせいにする人がいるが、まずはしっかりとAFに仕事をさせているのかどうかを確認した方がよいと思う。後でトリミングするから被写体が小さくても構わない、そうだろうか。トリミングして、使える写真になるには、まずピントがしっかり来ていないと話にならない。その点において、不規則に動く被写体で、AFフレームに対して狙った被写体が小さくては、どうしても正確に合わせることは困難になる。上記の写真では、ファインダー内でAFフレームの大きさ自体が、狙った選手の上半身に相当する。これでは、動き回る被写体に正確に追従することは、なかなか難しい。被写体をファインダーから逃がさないように小さく撮ることは、実はピント面で安全策ではないばかりか、逆効果であることが分っていただけるだろうか。
ファインダー内で被写体が小さいと、シャッターチャンスにも影響する。この写真の狙った選手は下を向いている。下を向いた顔を撮りたかったわけではなかろう。以前にも書いたことがあるが、一瞬上(前)を見る瞬間がシャッターチャンスなのだ。そんな一瞬のチャンスも、ファインダー内で被写体が小さいと撮り逃がす確率が高い。わざと意図した場合を除いて、こうした被写体を小さくすることによるメリットは少ない。
この写真をよく見ると、逆光状態なのが分かる。撮影場所は学校のグランドだが、もっと撮影ポジションを考えられなかったのだろうか。何も順光で撮るばかりが全てではないと思うが、この背景の煩雑さを考えても、このポジションがベストとは言えまい。撮影に集中するあまり、ほとんど移動しないで定点撮影している方を見かける。サッカーは広いグランドを、選手もボールも常に動いているのだから、許されるならドンドン撮影場所を変えて、その時々のベターなポジションを探って撮るべきだと思う。もちろん、試合によっては撮影場所を規制されたり移動できなかったりする場合もあるので、一概には言えない。が、一試合撮ってみて、自分がどのくらい移動したか振り返ってみると、意外と動いていないことが多いのではないだろうか。

少年サッカー34-2.jpg

少年サッカー34-3.jpg

少年サッカー34-5.JPG


上の1枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF300mm F2.8 L IS
焦点距離 300mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 125  AI SERVO AF  RAW
2枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L Ⅱ
焦点距離 400mm 絞り優先AE シャッター速度 1/800 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +2/3  ISO 125  AI SERVO AF  JPEG
3枚目
CANON 1D MarkⅢ+EF400mm F2.8 L Ⅱ
焦点距離 400mm シャッター速度優先AE シャッター速度 1/1250 絞り F3.2 評価測光
露出補正 +1/3  ISO 100  AI SERVO AF  JPEG

nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
まーちゃん@兵庫西

なるほど、ボールを追いかけてる姿を写すのに、気を遣ってますが、
大抵、顔が下を向いてます。
でもそういうのを気にしていませんでした、顔を上げてるのを撮る余裕がまだありません。
もっともっと練習しなければ・・・。
いつも勉強になります。
by まーちゃん@兵庫西 (2008-02-23 04:04) 

ジュニアユース

まーちゃん@兵庫西さん、コメントありがとうございます。
まあ、偉そうなことを書いてますが、私も機械(カメラ)に頼っている部分が多いです。失敗写真を比無にはできないと思いますし、成功確率を上げることに日々努力しています。
お互い、頑張りましょうね。
 
by ジュニアユース (2008-02-23 22:06) 

PON

はじめまして。PONと申します。
スポーツ撮影の話、以前から「なるほど・・・」と読ませていただいていました。
今回の「サッカーをやっている風景」のお話もとても参考になりました。
私は子どものバレーボールを撮っていますが、どちらかというと引きぎみの写真が多く、様子は伝わるのですが表情もはっきりしなくていまいち迫力に欠けるなぁって感じていました。
それが「バレーをやっている風景」写真だったのですね^^;
これからはもうちょっと寄りで撮ってみます。

あと、リンクさせていただいてよろしいでしょうか。
よろしくお願いします。
by PON (2008-02-23 23:09) 

take_c

こんにちわ。
1枚目の画像を拝見して、なんだか普段私が撮っているのと似たような
(とても見慣れた)画像だったので「なーんだ、ジュニアユースさんも
こーゆう写真撮るんだ!」と少し嬉しくなりつつ本文を読ませていただい
たら、なんと失敗例だったんですね。^^;

「引いて撮る」ことの安心感というか、見渡しのよさから来るファインダー
での追いかけやすさというのは確かにあって、私も油断しているとつい
引いた画像ばかりになってしまう事があります。撮影に集中できて
いない時などは特にそうなりがちです。
そういった撮り方では決して「これだ!」という画像が得られないのは
おっしゃるとおりだと思います。
ただ、手持ちの武器(レンズ)が貧弱で、どうしてもファインダーに占める
被写体のサイズが小さくても、でも撮らなければいけない(撮りたい)
という場面も、現実的には出てくるわけです。
そういった場合、私は(邪道かもしれませんが)トリミングを前提にしつつ
とにかくメインの被写体を中央に置き、きちんと追いかけながら集中して
シャッターチャンスを待ちます。

ところでズームレンズを使うと、私の場合はどうしても自分に甘えが出て
しまって「引いた画像」に走ってしまいがちです。単焦点レンズの場合は
レンズの持つ画質性能という面だけではなく、ズームの操作という余計
な作業が無い分ファインダーに集中できて良い画が撮れる確率が高い
ような気がしています。
いや、まだまだ修行が足りないという事な訳なんですけれども。^^;
by take_c (2008-02-24 10:34) 

ジュニアユース

コメント、ありがとうございます。

PONさん、こんにちは。
バレーボールなどの屋内スポーツの撮影は、私は敬虔が少ない方ですが、大変だと思います。まず光源の問題から入らないといけないですしね。これからもお互い、頑張りましょうね。
リンクの件はOKです。

take_cさん、こんにちは。
トリミングは邪道だとは思いませんし、現実的にはそんな長焦点レンズが用意できない場合が多いと思います。以前にも書きましたが、まずトリミングありき、で撮影してしまうと、努力しなかったり、機材のせいにしてしまうような風潮があるので、今回は書かせていただきました。この話は次回もありますので、よろしく。
ちなみに、単焦点はある程度の割り切りが必要かも。
 
by ジュニアユース (2008-02-24 14:02) 

まーちゃん@兵庫西


私は素人なので、構図とかは分かりませんが、
1枚目の写真もサッカーで争っている雰囲気は十分出てると思うのですが・・・。
というのも応援するチームメイトが写り、敵も数名写り、
ギャラリーまで写ってて主人公はサッカーボールを
独占してドリブル中でかっこいいと思います。

私はこの写真を失敗とは思ってませんよ。

でも縦位置で撮るより、確かに楽そうですね。
私の場合、せっかくデジイチの400mmズームを持ってますから、
なかなか横位置では撮りませんが、この構図も嫌いじゃないですよ。
by まーちゃん@兵庫西 (2008-02-27 15:31) 

ジュニアユース

まーちゃん@兵庫西さん、こんにちは。

私も普通は縦で撮ってます。今回はブログ用にわざと撮ってみたのですが、望外のお言葉、ありがとうございます。
写真の評価というのは、なかなか難しくて、私などが口を出すべきものではないことは分かっているのですが、個人的なブログということで、私見を書かせてもらってます。
ちなもに、私もシロウトですが。
 

by ジュニアユース (2008-02-27 23:17)