So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その24 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー24-1.jpg

前回は小学生サッカーの6連写の画を載せた。小学4年生だから秒6コマに設定したが、これが中学生や高校生なら当然、1D3の連写スピードを秒8コマ以上にすると思う。それは年代が上がるにつれ、ボールも選手も動きが早く大きくなるからだ。それは、画になる一瞬が、より一瞬になり、連写によって得られる画と画の時間的感覚が狭くなければ、貴重な一瞬を撮り逃がす。それでは連写する意味が無い。

少年サッカー24-2.jpg

サッカーを含む、球技スポーツの撮影では、ボールを画の中に入れるということが大切な要素の一つ、と以前書いた。広いグランド内を縦横左右斜めに不規則な動きをするボールを、狭い画角の望遠レンズで追うことは簡単ではない。その為に、まずその競技を理解し、選手やチームを理解し、一瞬先の動きをある程度予測しながらレンズを向ける、ということが必要となる。上の写真は、小学4年生のサッカーだが、ボールに絡みそうな選手を見つけたらAF駆動、ボールが来る前にその選手にピントを合わせ連写開始。するとボールが来て、その選手とボールを一枚の画に入れることができた、という写真である。いかに連写性能が高い機種を使っていても、不規則に動く被写体である以上、予測無くしてむやみに連写しても結果は伴わない。小学生サッカーならまだしも、年代が上がるにつれ比例して、より早い判断力が要求される。
しかし、上の4連写は実は失敗。お気付きの方もいらっしゃると思うが、最後の4枚目でも選手はボールに触っていない。もう2~4枚多く連写すべきだった。闇雲に連写して枚数多く撮ることが、連写のメリットではない。しかし、チャンスと思って連写するなら、一連のプレーが完結するまで撮らないと、肝心な画を撮り逃すことになりかねない、という例だ。その為の連写性能、その為のデジタル画像、その為の大容量メディア、なのだから。

少年サッカー24-3.jpg

少年サッカー24-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF100-400mm F4.5-5.6 L IS
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F5.6 L
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 L Ⅱ

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ぴんさん

このフレーミングを出すためには「予測」と「連写」だなぁとつくづく思います
連写は、動き出しの「前」でのピント合わせが大事ですよね(納得)
上位機が欲しい^^;
by ぴんさん (2007-07-24 08:48) 

ジュニアユース

ぴんさん、コメントありがとうございます。

ニコンも、この秋は何だか期待できるのではないでしょうか。ニコンの勢いを感じますよね。
 
by ジュニアユース (2007-07-24 18:15) 

Reoパパ

はじめまして。
価格コムのリンクからやってまいりました。

『少年サッカーの撮影』今の自分にはとても参考になりました。

と言うのは、先日、うちの息子がサッカーを始めたばかりで、自分も初撮影してきたもので。
初練習で初撮影だったので、親子共々緊張の一日でした。
今度撮るときは、緊張も和らいで、もっと上手く撮れそうな予感がしています(汗)

では、またちょくちょくお邪魔させてくださいね~。
by Reoパパ (2007-07-24 22:20) 

ジュニアユース

Reoパパさん、コメントありがとうございます。

「少年サッカーの撮影」は、6年近くの経験から、まったく私的な見解を書かせていただいてます。参考になりました、という言葉をいただくのが一番嬉しいです。
しかし、今回で24回目ですが、いつまで続くんでしょうか。私にも分かりません(笑)
 
今後とも、よろしくお願いします。
 
by ジュニアユース (2007-07-25 00:54)