So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカーの撮影 その21 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー21-2.jpg

例えば航空機や自動車、鉄道などは、人間よりもずっと速い速度で移動するが、移動に伴う被写体自体の変化は無い。0.2秒前と今とで、被写体の形は変わらない。変わるのは撮れる角度と背景の僅かな差(一瞬輝く銀翼や一瞬吹くバックファイアーは例外として)。それに対して人間、サッカー選手の五体は常に変化している。今と0.2秒後では、選手の表情や体躯の形、ボールの位置は明らかに違う。違うのであれば、撮影者がどれを望むのか、どれを良しとするのか、どれがボツ写真になるのか、といった問題が起きる。
同じスポーツといえど、打球シーンが一試合中何度も続くようなテニスや卓球などは、タイミングを計れば単写でも撮れる。確かにテニスや卓球のボール速度は、サッカーボールよりも早いが、被写体である選手の動く範囲はサッカーよりずっと狭く、その位置移動の予測もし易い。それよりもっと広いグランドを使う野球にしても、ピッチャーは必ずマウンドから投げ、バッターは必ずバッタボックスで打ち、打ったら必ず一塁方向へ走ると分かっていれば、単写で撮れないことはないかもしれない。
それに比べ同じスポーツでも、サッカーボールとサッカー選手は、試合中ずっと広いグランド内を縦横左右不規則に動き、その移動速度も様々に変化する。しかもサッカーは、選手同士が重なり合い、体をぶつけ合いながら、ボールを競うシーンも多く、それこそがサッカー撮影の醍醐味だったりする。

少年サッカー21-1.jpg

上の写真は、CANON 1D MarkⅡの高速連写モード(約秒8.5コマ)にて撮った、中学生サッカーの写真だ。ゴールキックされた高く上がったボールを頭で跳ね返すシーン、サッカーでは良く見る(一試合で何度もあるシーン)場面だ。秒8.5コマとは、1枚目が撮られてから2枚目が撮られるまで0.133秒ということだ。その0.133秒の間に、ボールがこれくらい移動するということを、まずは知ってほしい。

少年サッカー21-3.jpg

少年サッカー21-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 L Ⅲ+EF1.4xEXTENDERⅡ
3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 L Ⅱ+EF1.4xEXTENDERⅡ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 L Ⅱ

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。