So-net無料ブログ作成

少年サッカーの撮影 その13 [少年サッカーの撮影]

少年サッカー13-1.jpg

二つ目は、何でも撮ろうとしないこと。元々、グランドの端から端まで望む大きさでは撮れないのだ。撮っても成果があまり期待できないような、向こうサイドのプレイはいっそ切り捨て、中央から手前サイドで繰り広げられる攻防に集中する、という方が歩留まりが良かったりする。デジタルだから、何枚撮ってもコストが掛からないから、と何でも撮ろうとすると、大事なチャンスを逃がしたりする。一試合でどうしてもチーム全員の写真を撮らなければならない、という場合を除いて、撮るシ―ンの場所を限定することは、実は集中力の発揮できる場合が多い。サッカー選手とて、試合中ずっと全力で走っている訳ではない。反対サイドのボールがある時は、ゆっくり歩いていたり、味方の選手の動きを見ている時間もある。それと同様に撮る側にも、助走時間を設けても無駄ではないと思う。

少年サッカー13-2.jpg

被写体であるサッカー選手をなるべく大きく撮ることの提案。その三つ目は、縦で撮ること。
普通にカメラを構えてファインダーを覗けば、3対2の横長の四角形。普通、横に比べ縦の方が短いから、上下に選手を目一杯大きく切り撮っても、左右にスペースが生まれる。これを90度回転させて縦長にして撮ってみる。サッカー選手は当然、走ったりボールを蹴ったりする人間だから、基本的に縦に長い被写体。それをなるべく大きく撮ろうとすれば、こうした縦長画像で捉えた方が理に適っている。
しかし、この縦での撮影、やってみると分かるが、横に比べて思ったより難しい。左右に余白的なスペースが無いので、不規則に動く選手をしっかりした大きさで捉えるのに、最初は苦労すると思う。けれど、横で選手を目一杯撮るのと、縦で目一杯撮るのとでは、画に占める選手の面積は倍ほど違うし、従って画の与えるインパクトも違う。また、背景の占める部分が少なく、背景のことを考えずに目の前の選手だけに集中できる。
しかし、最初から最後まで縦で撮るとは限らない。というか、そんなことは少ないだろう。少年サッカーでも、入退場の時は横に広がることも多いし、試合前の円陣も横位置で撮りたい。そうなると、試合中の縦横の切り替え操作が必要になってくる。三脚座のあるレンズを使う場合、三脚座に一脚や三脚を付けるだろう。その場合は縦横の切り替えは簡単だ。三脚座の締め付けレバーをちょっと緩めるだけで簡単にできる。三脚座を使用していない場合は、カメラ本体に一脚や三脚を付けるが、この場合は自由雲台が無いと簡単に切り替えできない。一脚に自由雲台を付けるのは、個人的には好きではないが、小型でもしっかりした剛性のあるものが必要だろう。
こうした、縦横を切り替えて撮影する場合、水平をとる、ということには意識したい。撮った写真が傾いていたりすると(意味有って傾けた場合は別だが)、不自然な写真が多くなる。縦か横でOK、僅かに傾いているというのは基本的にNG、だと思う。

少年サッカー13-3.jpg

少年サッカー13-4.jpg


1枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF300mm F2.8 LⅢ+EF1.4xEXTENDERⅡ
2&3枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ
4枚目:CANON 1D MarkⅡ+EF400mm F2.8 LⅡ+EF1.4xEXTENDERⅡ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
yama@muteki

ジュニアユースさんこんにちは。毎回楽しく拝見しております。
私はバリバリの親指AF派ですが、ジュニアユースさんとほぼ同じ考えで、親指AFを過剰に持ち上げる節には疑問を感じている立場です。最終的にはフォーカスロックをどうやってかけるかの方法論ですから、気に入ったほうを使えばよいだけなのに、AF性能が変わるような書き込みには疑問をもたざる終えないというのが理由です。
また、違った方向から見ると、動き物に限らず、風景写真やマクロでも評価されるべき話題なのに世間ではあまり触れられていないというのも偏った認識かな?と日ごろから思っています。
今後ともシリーズを楽しみにしています。とくにジュニアユースさんが何をトレードオフして親指AFを利用していないのかについて興味があります^^。
by yama@muteki (2007-05-09 22:37) 

ジュニアユース

yama@mutekiさん、コメントありがとうございます。

>何をトレードオフして親指AFを利用していないのか・・・

あら、私が親指AFをほとんど使っていないことを、ご存知でしたか。それほど大そうな意味や考えもないのですが、それはまあ徐々に書いていこうと思っています。今しばらくのお付き合いをお願いしますね。
 
by ジュニアユース (2007-05-10 21:32)