So-net無料ブログ作成
検索選択

マイ・レンズ その9 EF400mm F2.8 L [カメラ]


マイ標準レンズである。
小学生・中学生サッカー撮影が、今の私の主な被写体。小学生ではよくても中学生では、300mmでは足らない。で、サンニッパ+1.4倍テレコンorEF100-400で充分と思っていた。確かにそのとおりだった。軽快に、満足できる画が得られる。しかし、気になるレンズが・・・、ヨンニッパ。
このレンズ、私の現在所有レンズのなかで、唯一現行レンズではない旧タイプ。そして、最も高価なレンズ。1996年に蛍石を使ったⅡ型が発売され、1999年に現行のIS付きにモデルチェンジされた、僅か3年間しか生産されなかったレンズ。当時の定価98万円と高価で、年間製造数の少ないレンズなので、一体何本生産されたか分からないし、中古流通量も極めて少ない。それを見つけてしまった。そうなるとどうしても欲しくなるのが、この世界の住人。手持ち資金をかき集めて、2年前に手元にやってきた。
当初、まったくダメダメレンズだった。収差も大きいし、第一にすごいピンズレ。前オーナーは、大金を出してこんな画しか得られないから、手放したのだろうか。すぐに調整に出した。で、調整後のレンズは、ウ~ン、サスガ!と、うなってしまう画を見せてくれる。サンニッパが、軽快な動きを見せる、切れ味鋭い2000cc級スポーツカーなら、このヨンニッパは4000cc級GTカーの雰囲気。サンニッパの爆速のAF速度と比べると、大きなレンズを動かしている慣性を少し感じる。それでも並みの速さではない。1D MarkⅡとはベストフィット。どちらも開放から使えるシャープな画だが、ヨンニッパの、こんなに距離が離れているのに、不規則に動き回る選手の髪の毛1本までクッキリ解像する様を見せられると、見事という他ない。ちょっと絞れば、更に鮮鋭感を増すのは、他のL単焦点レンズと同様。この「絞れる」ということが重要。そのためのF2.8なのだ。
その代償として、6キロ近い重量と全長348mm(フードをつけると500mm以上)の大きさ。重い!左手にレンズを持ち、右手にカメラボディを持って装着する、ということはできない。あくまでレンズを固定して、それにカメラボディを装着する、というスタイルをとる。この重さは、車から撮影場所まで移動する時、三脚や一脚に装着する時、バックに収納する時、防湿庫にしまう時、全ての時にズッシリと手にくる。その価格を考えると、ぶつけないように、こすらないように、慎重になるから、いっそう重さがこたえる。なまじの三脚や雲台では耐えられない。それ相当のものを要求する。
そんな苦労をしてこのレンズを振り回すと、やはりこれでしか得られない画がやってくるので、手放すことはできない。確かにIS付きの現行ヨンニッパが気になるところだが、これはさすがに手が出ない。もうメーカーの部品保有期限が昨年で終わってしまったので、いつまで修理ができるか分からないが、これからも大切に使っていこうと思っている。
 
下の作例
1D2+EF400mm F2.8 L  焦点距離 400mm
F4.5   SS 1/800   ISO 125   評価測光   露出補正 +1/3   AI SERVO AF    RAW


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
とおりすがり(せき)

古いエントリーへのコメントで恐縮ですが、このレンズはボディ側をAFにしたときに、フルタイムマニュアルフォーカスは効きますか? 私が持っているこの第二世代の個体と1D3/1D4の組み合わせでは、フルタイムマニュアルにはならないのです。もしお判りになれば教えてください。

by とおりすがり(せき) (2012-06-27 13:25) 

ジュニアユース

とおりすがり(せき)さん、お返事遅くなって申し訳ありません。
このレンズは既に手元にないのですが、確かボディ側のPower ON状態
では、フルタイムマニュアルフォーカスはできたと記憶していますが
(もちろんONE SHOT AFで)。
手元に無くて実証できなくてスミマセン。

by ジュニアユース (2012-07-11 22:33) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。